他のアカウント

Twitter

Kuri's Photo room(Flickr)

  • kuriko1211 - View my recent photos on Flickriver

日めくりカレンダー


星空指数


無料ブログはココログ

« 誠報社バーゲン パート2 | Main | 月・月・月 »

December 19, 2010

CANON Eos20D&NEWアイピース ためし撮り

 朝4時に起き、土星と金星を観望。あたらしいアイピース、いい感じ。2倍バローレンズも思った以上に活躍してくれる。土星ってあきないねぇ。

 旧エース機、A80Mfの架台(三脚)の足の付け根が割れてしまったため、午後、池袋ビックカメラに持ち込み、修理を依頼した。ポルタの架台、ちょっとやわかも。

  新機CANON 20Dの撮影練習がしたいのだが、曇っていて、星も月も見えず。星の撮影は、基本的に暗いところでおこなうので、明るいところで練習して少しは慣れておきたい。そう思い、窓から見える標識で練習することにした。機材や技術的なことに興味のない方、望遠鏡を使うと大きく見えるよ、ということなので、読み飛ばしてください。

 現在持っているアイピースは、40mm、20mm、15mm、10mm、6mm、4mm、2.5mmの焦点距離のもの、計7個。アイピースというのは、接眼鏡(目で覗くところにつけるレンズ)のこと。焦点距離によって倍率が変わる。目で見る場合の倍率は、40mmから順に、15倍、30倍、40倍、60倍、100倍、150倍、240倍となる。2倍バローレンズというものを間に入れると、倍率が倍になり、30倍、60倍、80倍、120倍、200倍、300倍、480倍になる。 つまり、現在見ることのできる倍率は、15倍、30倍、40倍、60倍、80倍、120倍、150倍、200倍、240倍、300倍、480倍となる。しかし、300倍と480倍は、倍率が高すぎで像が暗くぼけてしまい、使い物にならない。ホームセンターなどで特売で売っている、高倍率を売りにした望遠鏡は、絶対買ってはいけない。倍率が高ければいいってもんじゃありません。

Img_4091 今回撮影するのは画面中央の交通標識。中央、車のヘッドライトが続くそのすぐ上の交通標識。

 ①この写真は、EOSKissX4とキットレンズ 18mm-55mmの広角側18mmで撮影。

 

 

 

Img_4087_3  ②この写真は、EOSKissX4とキットレンズ   55mm-250mmの広角側250mmで撮影。

 さすがに標識と識別できる。

 

 

 

 

 

 さぁ、ここからがEOS20Dでの撮影。

 Img_0093 ③まずは、レデューサをはさんで直焦点撮影。次の写真より、0.85倍焦点距離が縮み、その分倍率が低くなっている。

 EOS20D、すごく使い心地がいい。天体専門なのがもったいない感じ。

 ファインダーでピントは合わせにくいかも……

 

 

Img_0092

 ④続いて、 普通に直焦点撮影。

 望遠鏡に直接カメラを接続、望遠鏡をカメラのレンズとして使う。つまり、600ミリの望遠レンズといいうこと。

 EOS20DはASPCサイズなので、35mmに換算すると、960mm! 1メートル近いカメラ用望遠レンズ、ということですわ!! 

 

 

 ここからは、間に接眼レンズを入れた拡大撮影。像が天地逆になるので、回転してある。

  Img_0065 

 ⑤まずは40mm。合成Fってのがよくわからないので、撮影用アダプターで焦点距離が10cm伸びたとして計算しよう(以下同)(う~ん、こんな計算でいいんだろうか?) 。

  17.5倍。

      

 

 

 Img_0068_2 ⑥20mm。倍率は35倍。

 う~ん、40mmとは随分差があるな。30mmの接眼鏡があれば、間が埋まるな。

  

  

  

 

 

 

 Img_0070_2 ⑦15mm、47倍。 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0072 ⑧10mm、70倍。

 

 

 

 

 

 

  

 

Img_0074 ⑨6mm。116.6倍。 

  ん? 10mmとほとんどかわらないやん。

 

    

 

 

 

  

 

Img_0075 ⑩かなりでかくなりました。

 4mm、175倍。

 

 

 

 

 

 

 

 Img_0084 ⑪うちで一番倍率の出るアイピース、2.5mm。倍率280倍。

 うっ、ピントがあっていない。

 さすがに難しい。

 

  

 

  

 2倍バローレンズを使うと、倍率が2倍になって、バリエーションがさらに増える。たとえば、15mmの接眼レンズをバローレンズ併用で使うと、7.5mmと同じになる。同様に、10mmは5mm、6mmは3mmになる。要するに、いろんな倍率で見られるっていうこと。ただ、バローレンズをつけての拡大撮影は、今のシステムでは難しい。たぶんやらない。

 倍率をあげると、それだけ暗くなる。星雲や星団は、範囲が広く淡いので、①や②、主に①の方法で撮影する。

 なんか、だんだんマニアックな方向に向かっていっている。どうなってんだ? いったいどこを目指しているんだ? 

 極力専門的な記述はさけま~す。めざせ、わかりやすく、おもしろくて、ためになるブログ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ランキングに参加してます!

« 誠報社バーゲン パート2 | Main | 月・月・月 »

機材」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36212/50348074

Listed below are links to weblogs that reference CANON Eos20D&NEWアイピース ためし撮り:

« 誠報社バーゲン パート2 | Main | 月・月・月 »

My Photo
August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31