他のアカウント

Twitter

Kuri's Photo room(Flickr)

  • kuriko1211 - View my recent photos on Flickriver

日めくりカレンダー


星空指数


無料ブログはココログ

« 月、北斗七星、スピカ | Main | 朝の月とおおぐま座渦巻銀河M81 »

January 26, 2011

北極星の見つけ方解説とM1かに星雲

 さて、昨日の写真、北極星(ポラリス)がどれだかわかったかな? ブログ村の天体ブログから来た人にとってはあたりまえのことだけど、いっこうやくりちゃんとの個人的なつながりでこのブログを見ている人たちには難しかったかな?

 では解説。写真をすこし明るくした。あ~あ~、なんかそんなん習った気がする! って話。

Img_4975_2

 右側のひしゃくが北斗七星。ひしゃくの先端を5倍伸ばす(赤線)。そこにあるのが(赤矢印)北極星。ちなみに、北斗七星はおおぐま座の一部、北極星はこぐま座の星のひとつ。

 北斗七星の柄の部分、白丸の星は2重星。拡大してみた。ひとつに見えるが実はふたつの星。目がいい人は肉眼でもわかる。ぜひためしてほしい。大きいほうが2等星ミザール、小さいほうが4等星アルコル。

 さて、昨日撮った写真。今日紹介するのは、M1、かに星雲。実は以前にもズームレンズ250mmで撮影している。メシエの記念すべきいちばん最初の星雲である。

M1_1

2011/1/26 1:18 埼玉県所沢市くすのき台 自宅前駐車場
VIXEN ED80Sf  ×0.85レデューサ  焦点距離 600→510mm
Canon Eos20D(改) F6.4 ISO1600  総露出時間9分00秒(30秒×18枚をDeepSkyStackerで合成)
photoshop5で加工・調整

 かに星雲は、かに座にはない。おうし座にある。ふつうかに座だと思うよなぁ。メシエさんは『牝牛の南の角の上にある、星雲状のもので星を含まない。白っぽくローソクの炎のように長く伸びている』といっている。そして、メシエ天体の中で、唯一の超新星残骸。つまり、寿命がきた星が爆発したあと。今も広がり続けている。すげ~~~。

 拡大してみよう。爆発の残骸、そう思ってみると、なんか見方がかわる。ちょっと画像処理が強引だったので、荒れてしまった。まだまだ修行が足りませんな。

M1_2

 今日も天気がいい。撮影したい。しかし! 眠い。玄界灘。いったん寝て、明け方になんとか月だけは撮ろう。継続は力なり、ですよね、さとうさん。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

 

« 月、北斗七星、スピカ | Main | 朝の月とおおぐま座渦巻銀河M81 »

星座・星野写真」カテゴリの記事

星雲・星団」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36212/50696750

Listed below are links to weblogs that reference 北極星の見つけ方解説とM1かに星雲:

« 月、北斗七星、スピカ | Main | 朝の月とおおぐま座渦巻銀河M81 »

My Photo
June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30