他のアカウント

Twitter

Kuri's Photo room(Flickr)

  • kuriko1211 - View my recent photos on Flickriver

日めくりカレンダー


星空指数


無料ブログはココログ

« 冬の航空公園と今日も月 | Main | りょうけん座球状星団M3とお月さま »

January 17, 2011

球状星団M5・明けの明星・そして月

 どうせまた起きられずに寝過ごしたんだろう? そんな声が聞こえてきそう。

 いえ! 今朝はちゃんと4時過ぎに起きた。なぜならば、もうメシエ天体のストックがないから。月が沈む早朝が狙い目だと思ったから。気合で起きた。家の前の駐車場に天体望遠鏡と赤道儀を運ぶ。撮るぞ~~。

Img_0183_2   まずは、北極星で極軸あわせ。そして金星と土星でアライメント。ガイド鏡を使わないので、この作業、かなり大事。このあたり用語解説はあらためてしますよ、T熊さん、A部ちゃん。

 フェンスの向こうは茶畑。

 今日の狙いはへびつかい座あたりの球状星団。

 本当は、EOSkissX4でシャープな星像を撮りたかったが、今日MASAさんに教えてもらうまで、写真の合成ソフト『DeepSkyStacker』ではX4のRAWファイルを読み込むことができないとおもっていたので、天体改造カメラEOS20Dで撮影。ピントあわせが難しく、シャープさに欠けるが、しょうがない。先日ちょうしが悪かったのは、バッテリーが原因と判明。純正のバッテリーに交換したら、落ちることはなくなった。さらに、先日コードを改造したタイマーリモコンをセット。これで勝手にたくさん撮ってくれる。

 まず紹介するのは、へび座の球状星団M5。目のいい人が暗い星空で見ると肉眼で見える、というが、所沢では絶対むり。北半球で1番大きい球状星団M13よりも見た目は明るいという人もいるらしい。

M5

2011/1/17 5:14 埼玉県所沢市くすのき台 自宅前駐車場

VIXEN ED80Sf  ×0.85レデューサ  焦点距離 600→510mm

Canon Eos20D(改) F6.4 ISO1600  総露出時間2分15秒(15秒×9枚をDeepSkyStackerで合成)

photoshop5で加工・調整

  がんばって極軸をあわせたので、ビシッとど真ん中に導入されているのがうれしい。中心を切り出し。

M5_2  

 今日は、全部で6つのメシエ天体を撮影。結果的に、すべて球状星団。うっ、センスなし! 今日はM5だけにしておこう。明日から、しばらく、同じような写真が続く。

 そうこうしていると、夜が明けてきた。明けの明星、金星がひときわ明るく見える。

Img_4840

 かっちょいい。

 早起きしたせいで、会社で眠かった。家に帰って、いつものように月を撮影。あちこち大雪で、星景写真ブログ、天体写真ブログの方たちも、雪景色を撮影されているというのに、東京はそんな気配ゼロ。引き続き、月の写真の連続撮影記録更新中。

20110117

 大雪の被害を受けた方、心よりお見舞い申し上げます。こんな中、星を見に行かれる方、スタッドレスを過信せず、車の運転にはじゅうぶんお気をつけください。雪の中受験されている方、がんばってくださ~い。

 今日撮った星団、すこしずつ紹介していきます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へランキング参加中。ポチッとな。
にほんブログ村

« 冬の航空公園と今日も月 | Main | りょうけん座球状星団M3とお月さま »

星雲・星団」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。
早起きご苦労様でした。昨夜は大雪だったので、その時間は熟睡してました。それしてにもビシッと導入が決まると実に気持ちいいですよね。反面、空振りしてただ虚空が見えていると凄く凹みます。

球状星団の粒々感がたまりません。
次の星団も楽しみにしていますね。

>さとうさん
ほんと、きもちいいですね。
前回、散開星団を撮ったとき、さとうさんも撮影されているM1を撮ったのですが、上方にずれていて、ギリギリ全体がはいっている、という感じでしたので公開できませんでした。
極軸をきちっとあわせて、水平を確認(案外これ大事)し、アライメントをとれば、今回のようにうまくいくんですね。
ただ、機材の写真を見ていただくとわかるように、接眼部が重く、バランスが悪いです。頭の方に、『パワーリスト』的おもりをつけることを考えています。

(* ̄0 ̄)ノcamera
いっこうさん
明け方の早起きご苦労様です
ご自宅の近くだと光害の影響も多いと思いますが、球状星団もなかなかの写りですね
明るい場所でも星団や惑星状星雲だとそこそこ写せるので、狙いどころはばっちりですね
ノータッチガイドだと露出は2分程度が無難と思いますが、DSSが使えれば一気に20枚とかのスタックも出来ますので、たくさん撮影して合成する手もあります

キャノンのデジイチは最大露出が30秒だったと思いますが、私も最近ノータッチガイドをするときは連写モードにして15枚とか20枚とか撮影して、DSSに放り込んだりしています
30秒で20枚でも総露出時間は10分程度なので、このやりかたはむしろ明るい場所向きなのかもしれません

PS:実は私の機材にSE80EDというケンコー製の屈折があるのですが、これはED80Sfと同型機です
専用レデューサーの写りはなかなかのものですね^^


 SE80ED、Synta社のOEM仲間ですよね。 R200SSとの両刀使い、あこがれます。機材が豊富でうらやましいです。私は、もうしばらく現状でがんばります。メシエ天体を制覇して2順目にはいるとき、自分へのごほうびとしてオートガイドのシステム導入などの機材のパワーアップを狙っています。まぁ、あせらずじっくりやってみます。
 身近な光害地で気軽に、そして気長に撮影。そんな作風を狙います(なんのこっちゃ)。

 露出ですが、バルブでタイマーリモコンを使っています。枚数の設定とかできるので便利です。中国製の安い互換品です。今回、15秒露出にしましたが、X4のISO3200やISO6400と違い、20DはISO1600で赤外カットフィルターがはいっているので、30秒くらいはいけましたよね。真っ白になるんじゃないかとびびっちゃいました。次回、銀河を狙うときは30秒×20枚でチャレンジします。
 
 いろいろ試行錯誤したり、MASAさんやさとうさんやかたくちいわしさんのような方にいろいろ教えていただいたりするのは、とても楽しいです。勉強になります。

レデューサーは周辺像を改善するのですが、小さい対象をデジイチで撮影すると中央部を拡大したくなります
ということは、周辺は切り捨てるわけで、あまり必要ないとも言えます
また、拡大したいのにレデューサーで縮小するのもナンだかなぁ、と思うことがあります
そこで、小生の場合小さい対象はレデューサーなしで撮影したりしています^^
むしろ中央部強拡大にすると、ガイドエラーやピントのズレには気を使う必要があるのですが、そこは、露出時間を切り詰めることと、ピント合わせを厳密にやることで何とかしたいものです
で、ピントはライブビューが絶大な威力を発揮するので、まずはX4の拡大画像できっちりピントを合わせ、その後で20Dに換装するのはいかがでしょうか
ED80Sfも同じだと思いますがドローチューブの固定ができないので慎重にやる必要がありますが、うまくすればピントバッチリになるはずです^^
反射鏡の場合スパイダーの光条でピントを追い込めるのですが、不幸にも?屈折は光条が出ませんので、にわか仕立てで紐や針金をレンズ前に装着して追い込む手もあります
こうやって、ピントを決めればあとは短時間露出多数枚撮影で乗り切れるはずです

あと、フラットファイル撮影で最近始めたのは、ノートパソコンに白い画面を表示させておいて、望遠鏡に被せてそれを撮影することです
ピントや構図もフィルターなども撮影時と同じにしておく必要がありますがムラを防ぐために少しづつノートパソコンを回転させながら、対象の撮影枚数と同じくらい撮影してDSSに放り込めば周辺減光やゴミの影なども除去できます
徹夜で撮影するなら明け方筒前にトレペなどをあてて撮影する手がありますが、いつも夜明けまで観望するとも限らないので・・・^^

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36212/50616010

Listed below are links to weblogs that reference 球状星団M5・明けの明星・そして月:

« 冬の航空公園と今日も月 | Main | りょうけん座球状星団M3とお月さま »

My Photo
August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31