他のアカウント

Twitter

Kuri's Photo room(Flickr)

  • kuriko1211 - View my recent photos on Flickriver

日めくりカレンダー


星空指数


無料ブログはココログ

« 突然の大雨・2倍バローレンズ | Main | キャンプ2日目となすの収穫と調理 »

August 27, 2011

キャンプ&星見withまるこうさん親子

    中学時代からの友人、まるこう氏。中学の時に、一緒に流星観測に出かけたのだが、それ以来、実に30年以上ぶりの観望会。おまけに、今回は、当時の僕らとほとんど歳のかわらないまるこうジュニアも一緒。なんだかスゲー。

 場所は、印西市の平岡自然の家。 天気が悪かったら、普通にキャンプ生活を楽しもう、そう思い、まるこう氏の自宅から近いキャンプ場に決めた。星は少しでもいい。まるこうジュニアに、夏休み最後の楽しい思い出をつくってあげたい。そんな気持ちもあった。

 所沢の自宅を午後1時に出発。外環道、常磐道柏インターを経て印西市のまるこう氏の自宅へ。所要時間約2時間。それから千葉ニュータウンのジョイフル本田へ行き、食材などのお買い物。ここ、ハンパじゃなくデカイ!食材からビニールハウス、そして猫のえさまで、何でも売っている。めちゃくちゃ楽しい。1日でもいられそう。おっと、今日の目的は違います。

 平岡自然の家に戻って、テントの設営。天気は上々。おまけに、夜9時が消灯時間で、この時間を過ぎると施設内すべての電気が消えるらしい。このぶんだと、夜には星が見られそうだ。炊事場のすぐ横にテントを張った。

Img_0074

 そうそう、親子で協力して。ほどなく設営完了。

Img_0079

 ちなみに画面左の集団、お役所関係の飲み会のようで、出し物あり、フォークギターを抱えての歌あり、おもしろい話あり、と日が暮れるまで楽しく飲んで、かえって行きました。

 われわれも、日が暮れるまでキャッチボール。久々のキャッチボールでへとへと。でも面白かった。

 そしていよいよバーベキュー!

 ジュニアがピーマンをはじめとした食材を切る。あいかわらずうしろで役所関係者が宴会中。

Img_0080_2

 そしてかまどで炭に火をおこす。以前はすごく苦労していたが、今はカセットボンベ式バーナーであっという間に着火。そしてかまどで調理を開始したが、かまどは網との距離が遠すぎで、よく焼けない。しかたがないので、持っていっていたバーベキューコンロに炭を移動。肉やエビ、野菜を焼いた。

Img_0090

 う、うまい! でも、一番評判がよかったのは、ガスコンロで土鍋で作った白ご飯。私はお酒担当なので食べなかったが、まるこう氏とジュニアで2合のご飯をあっと今にぺロリ。

Img_0089

 さらに!

Img_0091

 簡易燻製機で燻製にも挑戦。チーズ、裂けるチーズ、エビ、鶏もも肉をセット。さて、どうなることやら。

 いよいよあたりが暗くなってきた。

Img_0084

 多少雲もかかっているが、星が見え始めてきた。まるこう氏、早速セッティング。

Img_0101_2

 か、かっこいい。ただ、セッティングにずいぶん時間がかかっていた。このあたりは慣れればはやくなるでしょう。

 え、私ですか。修理中のSXW赤道儀のかわりに、ポルタ2にED80Sfを載せる予定だったが、鏡筒バンドを持ってくるのを忘れてしまった。残念。しょうがないので、まるこう氏のウェイト軸のスペースを少しお借りして、ウェイト軸カメラ雲台をつけて星野写真を撮影。後日公開予定。

 まるこう氏のオートガイド、あいかわらずうまくいかず。苦労している様子。私は、横に敷いたシートにジュニアと寝転び、星や星座を解説。 

「さぁ、夏の大三角形、あとひとつはなんだ?」

「えーっと、なんだっけ」

「ヒント。太った人」

「わかった、デネブ!」

と、こんな感じ。やがて木星が昇ってきたので、初号機8cmアクロマート屈折・A80mfをセッティング。久々に木星を見た。

Img_0115

 まるこう氏、相変わらずガイドと苦闘中。じつは、今回いろいろうまくいかなかったのは、夜露が原因と後で判明。なんとか対策を講じなければ。

 そうこうしているうちに、雲が空を覆いだした。木星も見えなくなった。そして一面曇り空に。星は1個も見えなくなってしまった。撤収~~~~~。

 片付け終わったあと、燻製の煙が止まっていた。見てみると……

Img_0116

 できてるできてる。おいしそう。鶏肉が半生だったので、追加でフライパンで炒めた。あらかじめ下準備してからやればよかった。でも、おいし~~~。鶏肉なのに、ベーコンみたいな味がする~~。いちばんおいしかったのは、プロセスチーズでした。

 テントにはいり、セガのプラネタリウム・ホームスタープロをばってりーで駆動させて動かした。夜1時ごろなのだが、ジュニアは、

「こんなに遅くまでおきてるの、人生初めて!」

と言いながら、プラネタリウムを堪能していた。そして、そのまま3人並んでぐっすり寝てしまった。

 すごく充実した1日だった。

 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へランキング参加中。はげみになりますので、クリックをお願いします。
にほんブログ村

« 突然の大雨・2倍バローレンズ | Main | キャンプ2日目となすの収穫と調理 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。

楽しそうですね。
外で食べる食事って、すごく美味しく感じますよね。
なぜだろう。
星空も見れたようで、
いっこうさんの普段の行いの賜物ですかね。

おはようございます。
こちらは今日出発で南信州で湯治です(^-^;)

楽しそうですね、キャンプというと20年近く行ったことがありませんが、キャンプで食べるものは何もかも美味しいです。

プラネタリウムで思い出しましたが、ステラナビゲーターにもプラネタリウム番組が入っていて星空解説してくれるので、お子さんにも好評かもしれませんね。

>やまねももんがさん
 外での食事、開放感いっぱいでおいしいですよね。最近は家でも、部屋をとびだして、ベランダで茄子を見ながら飲んでます(笑
 やっと、普段の行いのよさが報われました。流れ星もひとつ見ました。あっ、またお願い忘れた!


>さとうさん
 南信州ですか、いいですねぇ。関東からだと、諏訪をぐるっとまわるので、なかなか行きにくいエリアです。当然撮影機材も持っていかれるんですよね。昼はのんびり、夜はガツガツでお願いします。すごい写真を期待してます。まずは、事故のないよう、気をつけてお出かけ下さいね。

こんにちは

超楽しそうなのが伝わってきます。 何よりジュニア君の「こんなに遅くまでおきてるの、人生初めて!」という言葉からも、楽しい思い出になったのがわかりますね。
しかも男だけでしょうか。
テントもBBQも燻製も羨ましい限りっす。

まるこう氏、やる気満々ですね。 A-GTが滅茶苦茶カッコよくなってるじゃないですか。
オートガイドは私も成功するまで4~5回はテストしたと思います。
秋の連休にはまたキャンプ&観望会できるかもですね。
または来年の夏か。 その頃にはお二人ともバリバリ撮影できてるでしょうね。楽しみです(^ω^)

>かたくちいわしさん
 そうです、男ばかり3人です。ジュニアもきっと楽しかったと思います。素直ないい子です。
 外だったからか、それとも静穏化に成功したのか、Advanced-GTは思ったより静かで、かっこよかったです。誠報社のHPに「Advanced-GT」入荷しました、というお知らせが載っていました。SXW赤道儀が修理からもどってくるまでにポチッてしまそうで心配です。
 それでは、来年の夏は千葉まで遠征にきてください。BBQと燻製をご馳走します(笑

おお~いいな~。
子供の頃やりたかったこと、全部やってますね。
ジュニア君の一生の思い出になりますよ。

>悠々遊さん
 そういえば、子供の頃、こんなことしたことがありませんでした。テントは三角形で、設営がえらく大変だったのを覚えています。いまは、あっという間に楽しみながらテントがはれちゃいます。ジュニア君、楽しそうでしたよ。いい思い出になっててほしいですね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36212/52592925

Listed below are links to weblogs that reference キャンプ&星見withまるこうさん親子:

» 天国に一番近いかもしれない(?)キャンプ場を見つけた! [美富寿屋の野遊び三昧]
※写真は九十九里シーサイドACです。千葉の新しいキャンプ場の情報を探していたら、見つけちゃいました!!!場所は印西のほう。あのWILD-1のある印西の近くです。それも、結構設備が良いキャンプ場です。料金も格安のキャンプ1張り500円。この500円を払えば、シャワーが無... [Read More]

« 突然の大雨・2倍バローレンズ | Main | キャンプ2日目となすの収穫と調理 »

My Photo
March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31