他のアカウント

Twitter

Kuri's Photo room(Flickr)

  • kuriko1211 - View my recent photos on Flickriver

日めくりカレンダー


星空指数


無料ブログはココログ

« 間に合った!ガラッド彗星 | Main | アンドロメダの子分M32 »

September 16, 2011

月と木星とアンドロメダ銀河M31

 月と木星が接近。以前火星と月のランデブーを撮っているので、今回も写真に撮ろうと思っていたら、雲ってきて、雨がふり出した。撮れるときに撮っておけばよかった、と反省。それから雨がやんで雲がなくなるのを待った。そしてなんとか撮影に成功。月にシャッター速度をあわせたものと、木星にあわせたものを合成。

20110916

 さて、久々紹介、メシエ天体! 昨日撮ったものを大公開!

「一ヶ月半ぶりですなぁ」メシエはんもお喜び。再開は派手に! ということで、アンドロメダ銀河M31。かつてはアンドロメダ星雲とよばれていたが、いつのまにか、アンドロメダ銀河と呼ぶようになった。肉眼でも見える銀河である。

M31

2011/9/16 0:16 埼玉県所沢市牛沼 Aコープ駐車場

VIXEN ED80Sf  ×0.85レデューサ  焦点距離 600→510mm  SXW赤道儀 ノータッチガイド

Canon Eos20D(改) LPS-P2フィルタ使用 F6.4 ISO1600

総露出時間4分(20秒×12枚をDeepSkyStackerで合成)

 

 かっこいい~。月明かりの光害地で撮ったにしてはよく撮れている、と自画自賛。

 ちなみに、鏡筒に取りつけたEOS40D、200mm望遠レンズでとった写真はこちら。

M31_3

 うん、しっかり写っている。肉眼で、と書いたが、所沢では無理。暗いところでまたあらためて撮りたい。まわりに写っているほかのメシエ天体については、あらためてひとつづつ解説する。

 なによりも、赤道儀が修理から戻ってきて、またこうやってメシエ天体の写真が載せられることがうれしい。またしばらく悪い天気が続くようだ。無理せず、撮れるときに積極的に撮ろう。

  

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へランキング参加中。はげみになりますので、クリックをお願いします。
にほんブログ村

« 間に合った!ガラッド彗星 | Main | アンドロメダの子分M32 »

惑星」カテゴリの記事

星雲・星団」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。

昨夜は天気がよくない中で、ちゃんと撮影しているとは偉いなあ。
木星だけだと凄く明るいけど、月には敵いませんね。

M31はアンドロメダ大星雲でしょ。
誰が名前を変えたの?
聞いてないよ!

メシエ全制覇に向けてロングスパートですね。

>やまねももんがさん
 かつてはアンドロメダ星雲、アンドロメダ大星雲などとも呼ばれていた。(Wiki)
 かつて、ですって。いつからなんでしょうね。このことといい、熱収縮チューブといい、わたしたちに許可も報告もなく(プンプン)
 ただ、アンドロメダ銀河とよばれることで、“銀河”というものの概念がわかりやすくなった気がします。われわれも天の川銀河(これも昔は一般的でなかったような……)の一員ですもんね。

こんにちは。
メシエ3つゲットのボーナスステージ入りおめでとうございます。
いやしかし無事に赤道儀も戻ってきてこうして撮影再開でよかった、よかった。

さっきネットで見たものに最新の研究では「ティラノザウルスは毛に覆われていた」との事で、2本足で立つ鳥みたいな想像図がありました。  こうやってどんどん知らない間に書き換えられていくんでしょうね。 こと宇宙については未知の部分が多いので、100年後の宇宙観は今とは全然違うでしょうね。

>かたくちいわしさん
 まさにボーナスゾーンですね。メシエはん、ありがとう。
 ティラノサウルス、ここにあるやつですね。
http://web.1week.cc/present/2011/07/20/18621/
 そもそも恐竜の色も想像にすぎませんよね。
 いまだって、猫やいるかの骨格から、猫やいるかは想像しがたいですもんね。
 いろいろおもしろいですね。

昨日の夜に月と木星が見えたのですか!
私のところは夜は雨が降っていてダメでしたよ。
でも翌朝、朝焼けでまっかっかの空の中に月と木星を見つけました。
木星って、こんなに明るくても見えるもんだったんだと新鮮な驚きもありました。寝待月は寝て待つに限りますね。

>ブドリさん
 はい、がんばりました。夕方、いったん見えてた月ですが、その後、雲って、雨が降って、また雲って…… でも、どうしても撮りたかったので、がんばって待ちました。そして、ようやく月にも木星にもほとんど雲がっかっていない状態を撮ることができました。寝待月を起待月でした。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36212/52750381

Listed below are links to weblogs that reference 月と木星とアンドロメダ銀河M31:

« 間に合った!ガラッド彗星 | Main | アンドロメダの子分M32 »

My Photo
July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31