他のアカウント

Twitter

Kuri's Photo room(Flickr)

  • kuriko1211 - View my recent photos on Flickriver

日めくりカレンダー


星空指数


無料ブログはココログ

« カルドウェル天体一覧 | Main | オートガイドへの道 キターーーーーー! »

December 27, 2011

人工衛星とM42そしてぎょしゃ座散開星団M37

 天体写真ブログ村の新着写真に、オリオン大星雲(M42)の写真があった。大分で20センチ反射望遠鏡SE200Nを使って写真を撮られている鳥天さんという方だ。さっそくブログを拝見。なかなか見事。そしてふと気がついた。右下に人工衛星が写っている。

 実は同じ日、ほぼ同時刻に、わたしもM42を撮影していた。

Orion5  20秒1枚。いつものようにやりすぎ感たっぷりの…… いやそうではない。今回は、もうすぐ再開するガイド撮影へのチャレンジの時に比較用にと思って撮ったもので、公開の予定はなかった。しかし、さすが20cm、20秒1枚でよく写るなぁ。で、左上に注目。人工衛星が2機写っている。鳥天さんの写真と同じように写っていたのだ。さすが人口衛星密集エリア。それにしても、随分離れたところで、同じような行動をしてるって、なんかすごい。

 で、この人工衛星の正体を調べてみた。

「教えて~、ステラナビ~」

Orionsn

 どうやら、JCSAT-RAとJCSAT-3A らしい。WIKIによると、

  • ・JCSAT-3A - 日本初のCSデジタルテレビジョン放送パーフェクTV!(現スカパー!のパーフェクTVサービス)に利用された衛星JCSAT-3の後継機。Cバンドは国際通信に利用。Kuバンドはスカパー!専用。
  • ・JCSAT-RA - 予備衛星であるが、JCSAT-5Aの一部及びJCSAT-110のバックアップ機能は有していない。当初JCSAT-4としてCS放送スカパー!のサービスに利用されていた初代予備衛星JCSAT-Rの後継機。
  •  で、スカパー関連の衛星のようだ。こういうのを調べるのも、なんかおもろいなぁ。それにすごいぞ、ステラナビ!

     で、ついでに昨日撮ったメシエ天体も公開。ぎょしゃ座散開星団M37。

    200_m37 2011/12/26 23:35 埼玉県所沢市くすのき台 自宅前駐車場

    VIXEN R200SS  焦点距離 800mm

    Canon Eos20D(改) F4 ISO1600  総露出時間4分20秒(20秒×13枚をDeepSkyStackerで合成)

    photoshopCSで加工・調整

     ちなみに今年1月に撮った写真はこちら。

    M37

    2011/1/27 23:16 埼玉県所沢市くすのき台 自宅前駐車場

    VIXEN ED80Sf  ×0.85レデューサ  焦点距離 600→510mm

    Canon Eos20D(改) F6.4 ISO1600  総露出時間7分00秒(30秒×14枚をDeepSkyStackerで合成)

    photoshop5で加工・調整

     おや? 前の方がよくうつってるじゃん。露出時間の差? 

     

    にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へランキング参加中。はげみになりますので、クリックをお願いします。
    にほんブログ村

     

    « カルドウェル天体一覧 | Main | オートガイドへの道 キターーーーーー! »

    天体関連雑記」カテゴリの記事

    星雲・星団」カテゴリの記事

    Comments

    おはようございます。

    ステラナビは、こんなことも教えてくれるの?
    我家にはサンタさん、来なかったよお~。

    静止衛星なんですかね。
    追尾を止めると、衛星だけ点に写るのかなあ?

    そんなことも分かってしまうステラナビゲーター恐るべし。
    そう言えば、いっこうさんが名付けた「しずく」の打ち上げが延期になりましたね。

    JCSATは静止衛星ですよね。 南太平洋上空で24時間スカパーの電波発信しないといけないですものね。
    ステラナビ凄すぎ。

    しかしやっぱりR200はよく写りますね。 20秒でこれですものね。
    M37もよく写ってますよ。 R200のほうが星の色がハッキリ出ています。
    バックや周辺減光がでてしまうので、あまり強い処理ができないだけと思います。
    ED80Sfのほうは一見よく写っているように見えますが中心が飛んでますから。

    R200のほうもフラット補正したりすればもっと処理できるのではないでしょうか。

    ウチにもサンタは来ませんでした。 謝罪と・・・以下略

    こんばんは。 大分の鳥天です。

    スゴイですね~。人工衛星の名前まで分かってしまうとは。。。
    20年の竜宮城生活が長かったので、最近の技術の進歩には驚かされます。

    天体写真は、今月から始めたばかりのシロウトですので、皆さんの撮ったきれいな写真を見ながら、どうしたらこんな写真が撮れるのだろう?と色々試しながら楽しく星見をしています。 
    また寄らせていただきますね。(^^♪

    >やまねももんがさん
     静止衛星ですね。ということは、ぐるぐるを撮ると点になるんですよね。おもろそうですね。こんどやってみましょう。
     さんたさん、私が家の前で白い筒を覗き込んでいたので、先客ありと勘違いして帰ってしまったようです。もっとも、鏡筒の中に入られても困りますけど(笑
     
     
     
    >まるこう氏
     いや、ほんとステラナビすごいっす。もっともっといろんなこと調べたいですね。
     「しずく」打ち上げ延期ですと? 相乗りで打ち上げる韓国の衛星の製造が遅れているからですと?  しっかりしてくれニダ。

     
     
    >かたくちいわしさん
     次はしぶんぎ座流星群ですね。「ステラナビ、ステラナビ、ステラナビ」
     最近、フラットは、フォトショップのガウスぼかしでつくっていたのですが、散開星団は星を消すのが大変で、ご指摘のとおり、やってません。ダーク補正のみです。トレーシングペーパーは準備済みなので、ダーク用のキャップを作ろうと思います。
     あいにく、サンタはいい子のところしか……以下自粛。
     
     
     
    >鳥天さんはじめまして。
     どうやら全く同じ時間に撮影していたようです。同じ衛星ですね。
     お写真、はじめたばかりとは思えません。いきなりすごいじゃないですか。
     これからもよろしくお願いします。
     

    しっかりと人工衛星の光跡が写ってますね。
    こんなことからステラナビは人工衛星までわかるのですね。
    優れもの~
    さすがに望遠鏡写真は綺麗ですね。

    >ぶどりさん
     ステラナビ、いろいろすごいですよ。まだまだいろいろな機能があります。使い倒します(笑。
     最近は月がきれいでいいですね。惑星とのツーショットも多いですね。はやく3号機R200SSで月を撮りたいです。

    Post a comment

    (Not displayed with comment.)

    TrackBack

    TrackBack URL for this entry:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36212/53586084

    Listed below are links to weblogs that reference 人工衛星とM42そしてぎょしゃ座散開星団M37:

    « カルドウェル天体一覧 | Main | オートガイドへの道 キターーーーーー! »

    My Photo
    October 2017
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31