他のアカウント

Twitter

Kuri's Photo room(Flickr)

  • kuriko1211 - View my recent photos on Flickriver

日めくりカレンダー


星空指数


無料ブログはココログ

« バーティノフ・マスク自作(続き) | Main | 忘年会 »

December 20, 2011

バランスチェックとバーティノフマスクチェック

 連日の機材ネタ。興味ない方、ごめんなさい。

 ケンコーの20センチ反射望遠鏡SE200を買ったまるこう氏。さっそくAdvanced-GTに載せてガイド撮影しようとしたら、重量オーバーだったらしい。ウエイトがたりなかったのだろうか。搭載可能荷重は10キロのようだ。ちなみに、SXWは12キロ。あくまでカタログ上の数字だが。

 私のSXW赤道儀、先日のファーストライトではかなり苦しそうだった。そこで、室内できちんとバランスをとった。前後バランスもきっちり調整。

Img_2331

 OK.続いてガイド撮影の場合。

Img_2334

 OK。手持ちのウエイトでなんとかなった。左右バランスも調整、マジックでプレートホルダーのアリガタに印をつけた。

 ついでに重さをはかってみた。まずは鏡筒。

Img_2342

 カメラをつけた状態で8キロ。さらにガイドマウントやガイド鏡。

Img_2343

 3.6Kg。生まれたばかりの赤ん坊並みの重さ。合計で11.6キロ。SXW赤道儀の限界、12キロに近い。なんということだ。きちんとバランスをととって対応しなきゃ。そしてガイドを軽くすることを真剣に考えなきゃ。

 その後、自宅前駐車場で先日自作したバーティノフマスクのテスト。空は一部曇っているが、天頂付近は晴れている。

 最初の1枚。これまでのED80Sfと同じ感じで撮影したら、真っ白になってしまった。なるほどさすがF4。

 だんだん雲が広がってきた。曇る前に作業を完了させなきゅあ。

 そして……

 以前のED80Sfではバーティノフマスク撮影は30秒必要だった。しかし、このR200SS、さすが明るい! 1.5秒でちょうどいい。そして2枚目。なんとか光条が出ている。よし、ピントを追い込むぞ!

Img_3998 もう少し。

Img_4000 さっきより光条が長いImg_4007_3 これでどうだ!

 おっしゃぁ。これでばっちり。光条が太いのは、バーティノフマスクの穴が大きいから。まあ、こんなもんでしょう。ちなみにこれ、木星。ガリレオ衛星が写っている。

 せっかくピントも合い、これから本格的に写真を、と思っていたのに、雲が出てきた。

 今日は素直にてっしゅ~~~。

 ではまた~~~。

 

 撮影済みのメシエ天体一覧はこちら

 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へランキング参加中。はげみになりますので、クリックをお願いします。
にほんブログ村

 

« バーティノフ・マスク自作(続き) | Main | 忘年会 »

機材」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。

搭載可能荷重は12Kgもあるのですか。
でも我家の兄弟猫がふたりで乗るとダメだなあ。

ピントあわせの写真、木星かなと思っていたら、やはりそうでしたね。

>やまねももんがさん
 おはようございます。2匹で12キロ越え! 要ダイエットでしょうか。でも元気に走り回っているので、大丈夫ですね。そんなのに乗られて起こされるなんて、なんか笑っちゃいますね。
 ピントあわせ、1枚目の画像まちがってました。3枚目と同じ写真でした。あとで差し替えます。

おはようございます。
ビクセンの赤道儀の搭載可能荷重ですけど、ビクセンの場合は観望目的に主体をおいた場合の数字で、これが撮影目的だと半分~6割程度…、みたいな記事を読んだ覚えがあります。

これの数値は極端な例にしても、極力、搭載物を軽くする必要はあるでしょうね。以前使っていたGPD赤道儀でも搭載可能重量のギリギリまで載せると撮影時にはヨタヨタした感じでした。

>さとうさん
 そうなんですよね。サイトによっては、8キロとか見た記憶があります。って、R200SSでいっぱいやん(笑
 マルチプレートだけで1.25キロあります。親子亀でもっと軽いガイド鏡を買うべきですかね。
 ファインダー台座に乗るファインダー兼用ガイド鏡ってないですかね。

こんにちは
おお、かっこいい。 ちなみにウチは親子亀で同じくらいの重量です。
赤緯側もバッチリですか? どこに向けても両軸フリークランプでピタリと止まるようにしてくださいね。

木星でバーチノフ止めたほうがいいですよ。 一度出したつもりが、微妙に合ってなかった事がありました。 木星本体にある程度の視直径があるせいでしょう。 今の時期ならシリウスかリゲルかカペラで。

さとうさんが国際光器の5cmファインダー台座で作ってなかったですっけ?

こんにちは。
はい、かたくちさんに言われたとおり、ファインダー台座にガイド鏡を載せてますよ。ファインダーを使うのはアライメントまでなので、スパッと載せ換える仕様です。

小さくしか写っていませんが、ミニボーグ50と国際光機のファインダー脚の組み合わせで、こんな感じです。
http://darknebula.littlestar.jp/WordPress/?p=5466

はじめまして、岐阜県在住のミッチーです。
SE200Nで困っているブログにコメントを書いていただきましてありがとうございます。
天文の方に来ていただいたので、本気で喜んでいます!

僕はSE200NをGPD2にのせるという、既に重量オーバーな感じで笑えるんですが、
財政的事情により、こいつでオートガイドをして、一生を共にする覚悟でいます。

ウェイトシャフトにガイド鏡をつけるというのがありましたよね?
これなら重さは増えないみたいな。
使っている方のお話をあんまり聞きませんが、どうなんでしょうか。

あ、赤道儀収納のお話、僕は大好きです。
ホント、似ていて面白いですね。

今後ともよろしくお願いいたします。

>かたくちいわしさん
 はい、隊長! 赤緯側はばっちりです。一応、バランスは大丈夫と思われます。
 木星でバーティノフ、やめます。西側で雲に隠れてなくて明るい星が木星しかなかったんです。東側から雲が迫っていて、アライメントに使った木星をそのままピンとあわせに使いました。確かに、光条が太いのも、木星だから、という気もします。出直しま~す、っと思ったら、今日は曇りでした。残念!
 
 
>さとうさん
 そうそう、これです! 収納を考えても、とりはずしできるってでかいですよね。でも、50mmだとさとうさんにいただいたガイド鏡が使えませんねぇ。笠井のファインダー脚、買っちゃおうかなぁ。
 
 
 
>ミッチーさん
 かきこみありがとうございます。この趣味って、近くに教えてくれる人がいないと、なかなかわからないことだらけですよね。興味がない人には、この楽しさを理解してもらえないし。でも、ブログ村のみなさんはやさしいので、いろいろ教えてくれますよ。ミッチーさんがSE200で撮られた写真、すばらしいですよ。
 中部地方の観望については、さとうさんが教えてくれますよ(笑
 光条の件は、SE200をお持ちのかたくちいわしさんが、きっと解決してくれますよ(笑
 さとうさ~ん、かたくちさ~ん。おねがいしま~す。 
 これからもよろしくお願いしますね。

こんばんは。
ファインダー脚の頭を取り去って途中に穴あけ加工をするなりしてユニバーサル鏡筒バンドを取り付けて、ガイド鏡を固定することは出来ると思います。

しかしガイドマウントを更に付けるとなると、強度が問題になりそうです。うちのはガイドマウントを使わない単純に固定していますから。

安い脚付きの8x50mmのファインダーをアメリカンサイズの接眼レンズを取り付けられるように改造して、ガイド鏡化するのも良いかもしれませんね。

こんばんは。
たびたびすみません。8x50mmファインダーのサイズなら笠井の製品がそのまま使えそうです。
http://www.kasai-trading.jp/guidefinder.htm

>さとうさん
 笠井のこのページ、何度も見ていたのですが、50mmのやつなら、今のファインダー脚に取り付けられるんですね。気がつきませんでした。目からうろこです。てっきり、脚もかわなきゃいけないと思い込んでいました。これはいい! これならいけそうですね。すごく前向きに検討します。
 情報、ありがとうございます!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36212/53531613

Listed below are links to weblogs that reference バランスチェックとバーティノフマスクチェック:

« バーティノフ・マスク自作(続き) | Main | 忘年会 »

My Photo
July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31