他のアカウント

Twitter

Kuri's Photo room(Flickr)

  • kuriko1211 - View my recent photos on Flickriver

日めくりカレンダー


星空指数


無料ブログはココログ

« 火星 | Main | EOS5DMarkIIIの話と番外編「万惣への想い」(くりちゃん記) »

March 22, 2012

土星……ちっちゃ!

 昨日は眠い中、必至の思いで火星をアップした。結局寝たのは4時前。もう少しすると、やまねももんがさんちの猫がお腹をすかして起きる時間だ。

 と、いうことで、今日も眠い。でもがんばってアップ。

 昨日、本格的にEosKissX3を使って撮影した。ところが、赤道儀の調子がいまいちで、あまり撮る事ができなかった。それでも、いろいろなことがわかった。

 まず、ライブビュー。これがものすご~~~~~~~~~~~~~~~~~~く便利。アライメントの時、眼視ではアイピースを覗いて目的の星を中央にもってくる。カメラの場合、いままで20Dでは、ファインダーを覗いて中央にもってきていた。それが、ライブビューで、グリッドを表示させ、倍率をあげていけば、ぴったり写真中央にあわせることができる。

 さらに、なんといってもピントあわせ。ライブビューを見ながら、ピントを追い込んでいける。バーティノフマスクは確認用レベル。一発でどんぴしゃ、シャキ~ン!

Img_0019

 問題は、ご覧のようなゴースト。しばらく使ってみて、気になるようだったら、Ha透過フィルターをはずすことを検討しよう。
 さらに、一般撮影にも対応しているということで、いままでのように撮った写真が赤くならない。まだ慣れていないので、大丈夫なのか心配になってしまう。

 そして、意外だったのが動画。高ISOにできないとか、いろいろ問題がある。たぶん天体用には使えない。しかし、一応、R200で直焦点で動画を撮影してみた。そしてそれをjpegに変換し、レジスタックスにかけてみた。

20120322_1

 ちっちゃ!(笑。でも、ちゃんとワッカが写っている。間違いなく土星だ。もしかしたら、この動画機能、使えるかも。

 週末はまるこう氏親子と観望会というか撮影会を予定。X3の魅力をさらに引き出すつもり。晴れますように!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へランキング参加中。はげみになりますので、クリックをお願いします。
にほんブログ村

« 火星 | Main | EOS5DMarkIIIの話と番外編「万惣への想い」(くりちゃん記) »

惑星」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。

今朝も空に起こされました。
眠いです。

ライブビューは便利ですよね。
>一般撮影にも対応している
これは、そんなフィルターが入っているということですか?
動画撮影時にはISO感度等は自動設定になってしまうのですね。
取説を見て初めて知りました。

おはようございます。
今週末は晴れますが2月並に寒くなるそうです。
防寒対策をしっかりして楽しんでくださいね。

>やまねももんがさん
 誠報社の改造カメラのページに、
『改造後のカメラで通常撮影をするとHαの透過率が高くなりますので、赤っぽい画像になります。「新改造対象機種」はホワイトバランスの調整範囲内で赤っぽさが調整できますので「通常撮影」もオートフォーカスで撮影できます。』
とありますので、ローパスと同じ厚さでHαは透過して赤っぽさをおさえるフィルターがはいっているのではないでしょうか。赤っぽいのに慣れているのですごい違和感です(笑。
 取り説には大事なことがたくさん書いてありますよ(笑 今度の満月期には、取り説をじっくり読み込もうと思います。
 
 
>ななしさん、というか名前を書き忘れたさとうさん
 えっ? なぜわかったかって? それは、やらかしの匂いです(笑 ありがとうございます。寒くてもいいんです! 先日かってもらったあったかい長靴がありますから! 
 本当は、宿が併設されたところでぬくぬくと撮影したいんですけどね(笑

R200SSだと焦点距離が800mmなので土星とかは小さくなってしまいますね。アイピースかテレコンをつなぎ合わせて拡大撮影とかおもしろそうですよ。
フィルムの時代からしてみればライブビューなる機能は革命的なものですね。ライブビューには私も良くお世話になっています。

>きっしーさん
 そもそも、R200ssで直焦点で惑星は無理がありますよね。今回の動画は、1.4倍のテレコンを使って焦点距離1120mmで撮っています。本当はアイピースをはさんんで拡大撮影したいのですが、接眼部のTリングがはずれなくなってしまっているので(笑、眼視も拡大撮影もできません。X3の動画性能をためして見たかった、というのが本当のところです(笑。このあと、ED80sfとX4で火星と土星を動画撮影したのですが、土星は失敗でした。
拡大撮影できるようになったら、リベンジですね。土星はまだまだ楽しませてくれそうです。

こんにちは
X3購入したのですね。僕も使用していますがライブビュー非常に助かりますよ。拡大してバーティノフマスクで調整するとピントがさらに良くでます。
今週撮影会でしたか写真アップ楽しみにしてますね。
僕も明日三吉君と川天の方にお声かけがあったので三峰まで撮影に行く予定です。アストロGPVで現地の雲がない事を確認したので寒そうだけど頑張ります。

ライブビューが良いというお話をよく聞くのですが、本当に便利そうでうらやましい。
実はピントがあってなかった、という失敗をやらかしたばかりなんで…。
そういえば、自分には動画を撮る手だてがないので、カメラの連写機能で拡大撮影をしまくって、
Registaxで処理したことがありますよ。おもしろかったです。
撮影会どうですかね。青年に悪い事を教えないようにしてくださいね。

>優斗さん
 ライブビュー、なくても大丈夫と強がってましたが、実際使ってみると便利なことこの上ありません。パソコンがあればさらにらくちんですよね。冷却のない普通の改造カメラですが、しばらく仲良くしようと思います。
 
 
>ミッチーさん
 なるほど。連写でレジスタックス。面白いですね。1枚1枚が動画よりもしっかり写るので、かえっていい結果がでるような気もします(笑 いろいろ工夫するミッチーさんの姿勢、見習わねば。
 青年、というか少年、ものすごくいい子なうえに、保護者の見張りつきですから、悪いことを教える余裕はなさそうです(笑。

うーん。なんで赤くならないのかわからん。
そもそも改造カメラって何を改造してるんだろう。

少年は任せた。私は撮影に専念いたします。

>まるこう氏
 なぬ~~~~。ま、いっか。本当はゆうゆう公園でなく、南側・西側が開けたところで、メシエマラソン・天の川の撮影をしたかったけど、ジュニアの思い出優先。そろそろ準備してでかけよう。
 改造カメラは、赤外線カットのフィルタをとりはずして、ピントが同じになるように同じ厚さのフィルタ(ただのガラス)をとりつけてるんでしょう? ピントが同じにならなくてもいい(オートフォーカスがつかえなくなってもいい)なら、、赤外線カットのフィルタをとりはずすだけでいいんだよね。
 このカメラ、なぜ赤くならないか誠報社さんに聞いたら、ホワイトバランス調整済みだからだって。青いのはフィルターじゃなかった。他の機種でも、ホワイトバランスの調整方法がマニュアルに載ってるはず。白い紙を撮影するやつ。やってみたら?

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36212/54284980

Listed below are links to weblogs that reference 土星……ちっちゃ!:

« 火星 | Main | EOS5DMarkIIIの話と番外編「万惣への想い」(くりちゃん記) »

My Photo
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30