他のアカウント

Twitter

Kuri's Photo room(Flickr)

  • kuriko1211 - View my recent photos on Flickriver

日めくりカレンダー


星空指数


無料ブログはココログ

« わし座・アンタ誰? | Main | 奥多摩ハイキング »

June 01, 2012

いるか座・こうま座

 みずがき湖の天の川。今日は赤丸の部分に注目。

Kousiiruka01

 この写真を見て、これらが何座かわかったあなた。間違いなく天文オタク。普通はわからない。

Kousiiruka02

 今日のブログタイトルどおり、いるか座とこうま座である。いるかはともかく、こうまは頭だけって……。なんか、隙間を埋めている星座なので、とかげ座のようにへベリウスがあとから作った星座のように思えるが、両方ともトレミーの48星座に最初からはいっていた、由緒ある星座。そのわりに神話に乏しい。このふたつの星座、もともとひとつだった、という話もある。こうま座は北天でいちばんちいさい星座。全天でも2番目に小さい。ちなみに1番小さいのは、南十字星でおなじみのみなみじゅうじ座。

 まずはいるか座から。

THTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTH

「も~~~かんべんして。あの男だけは、ほんま、我慢できへんわぁ。いつまでもこの宮殿に隠れとこ」

 海の西の端・オーケアノスの宮殿で、アンフィトリテはつぶやいた。あの男。ゼウスの兄にして海の暴れん坊、ポセイドンである。そう、かつて、いけにえのアンドロメダ姫をおばけくじらにおそわせて、かしましカシオペア妃とアイロン座ケフェウス王を恐怖のどん底に突き落とした、あのポセイドンである。

「いとしのアンフィトリテちゃ~~ん、どこ行ってん?」

 今日もポセイドンが暴れだした。海は荒れ、太陽は雲の陰に。あれくるう波。海の生物たちには大迷惑である。

「なんとかして~な。アンフィトリテとかいう女、はよ出てこんかい。誰か居場所しらんのか」

「わて、知っとるで。」 一匹のいるかが名乗りでた。「すぐにポセイドンはんに教えてくるわ」

 そしているかはポセイドンにアンフィトリテの居場所を教えた。ポセイドンは、すぐにアンフィトリテを連れ出した。

「かなわんなぁ。でも、海を支配する男の妻って、かっこええんちゃう?」 なんか、うやむやのうちに、アンフィトリテはポセイドンの妻となった。あんなにいやがっていたのに、女心は不思議である。

「いるかよ、でかした! ほうびに天にあげて星座にしてあげよう」

 こうしているか座は誕生した。

THTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTH

 続いてこうま座。

「ええなぁ、にいちゃんは。ペガサスで検索すると7,180,000件もでてくる。わいなんて、自分の名前のケレリスで検索しても622件しかでてき~へん。にいちゃんは、ペガススの四角形とかいって、秋の星座の代表みたいにいわれて。わいなんて、4等星より明るい星、ないっちゅうねん」

「そもそもな、にいちゃんは、ポセイドンはんと愛人メデューサの間の子~や。オリオンはんはポセイドンはんとエウリュアレーの間の子~や。ま、この二人、異母兄弟やわな。せやけどな、わいはな、ポセイドンはんが知恵と戦術の女神アテーナーと術比べをしたときに、叩いた岩から飛び出した馬やねん。おかあちゃん、おれへんがな。こんなん、兄弟いえまっか?」

「おまけに、ぺガススにいちゃん、あんなに堂々としてんのに、わて、クビだけやで。かなしいわ~~」

THTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTH

 神話というより、ぼやきになってしまった。地味な星座も大変やなぁ。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へランキング参加中。はげみになりますので、クリックをお願いします。
にほんブログ村

« わし座・アンタ誰? | Main | 奥多摩ハイキング »

星座の神話」カテゴリの記事

星座・星野写真」カテゴリの記事

Comments

ご褒美で星座になるケースってよくありますねぇ。
星座になることは成功者のステイタスなのでしょうか?
日本では神様になるというのが多いのかな?
このへんの文化の違いを調べてみると面白いかも。。

おはようございます。

いるか座しか分からなかったので、オタクではないということですね。

いるかはチクッたのに、星座にしてもらえるたのですか~?
うう~ん、ちょっと複雑な気持ちです。

でもいつもながらの面白くてためになる「いっこう星物語」、今日も堪能させて頂きました。

こんばんは。
いるか座のところをいつも通りフムフムと読み、子馬でワロタです。
「おかあちゃん、おれへんがな」って。
子馬の星座絵が寂しそうに見えます。

>まるこう氏
 そういえば、星座になって天に昇って完結する西洋と違い、日本の場合はその後まで語られることはないですね。さるかに合戦なんて、それぞれが星座になってもよさそうなのになぁ。死生観とか、宗教の違いが大きく反映しているんでしょうね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
>やまねももんがさん
 いるか座は知っていましたか。さすがですね。
 ポセイドンの立場で考えれば、チクッてくれてありがとう、ですよね。ものの見方は、見る方向によってかわってしまう、という教訓ですね。

>かたくちいわしさん
 こうま座は、星座のぼやきという新しいパターンに挑戦してみました。あのクビから上だけのみじめな姿で星座になったら、ぼやきたくもなりますよね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36212/54853322

Listed below are links to weblogs that reference いるか座・こうま座:

« わし座・アンタ誰? | Main | 奥多摩ハイキング »

My Photo
April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30