他のアカウント

Twitter

Kuri's Photo room(Flickr)

  • kuriko1211 - View my recent photos on Flickriver

日めくりカレンダー


星空指数


無料ブログはココログ

« ゼロ戦、そしてブルーインパルス再び | Main | 久々北天ぐるぐる、流星は…… »

December 09, 2012

SC-64フィルタ-によるバラ星雲

 土曜日深夜。天気がいい。月は2時頃昇ってくる。それまで撮影だ! いつものカルチャーセンター脇へ。寒い。車の温度計は……

Img_1638


 マイナス1度! 寒いはずだ。

 ふたご座流星群が写らないかな、と期待をこめて、北天ぐるぐるを撮影。今日はその話題でいくはずだった……。

 ところが、昨日のブログのコメント欄で、『SC-64の撮影結果をはやく!』という声があがった。いい、といった手前、あまりひっぱってがっかりされてしまっては困るので、急遽、SC-64の撮影結果を報告させていただくことにした。

 対象は、先日失敗写真としてミニミニ写真を載せた『バラ星雲』。まず、いつもどおりの撮影。天体改造カメラ、LPS-P2。R200SSで直焦撮影。撮影時間60秒。なお、撮影結果の報告なので、すべてJPEG撮って出し。

200_bara02

 なんとなくうっすらと写っている。いつもは、この写真(もちろんRAWファイルの複数枚コンポジットだが)をもとに、Photoshopで、あの手この手で赤いもやもやを浮き出させている。なお、改造カメラとLPS-P2では本来赤く写るはずだが、ホワイトバランスをマニュアルで補正してある。

 続いて、お待ちかね、SC-64を接眼部に挟み込んで撮影したもの。

200_bara00

 おお、どくろ模様が浮き出している! 上と同じく1分露出、ノータッチガイド。この画像のR画像のみ抜き出した。

200_bara01

 写ってる、写ってる。この画像をモノクロ画像として処理。

200_bara04_20

 
 おお、これがSC-64の実力!

 で、ここからはおまけ。ちょっといい加減に画像処理して遊んでみた感じ。

 まてよ? 前のカメラ、Eos20Dのころは、SC-64で撮ったのと同じくらい赤い写真を処理していたではないか。けっこういけるんちゃう?

 で、やってみた。

200_bara02_19_2


 ISO3200だし、かなり荒いく無理やり感が強いが、一応写った。ノイズの少ない状況で長時間露出をかけたり、コンポジットしたりして、もっとちゃんと処理すれば、もっと見られる写真になるかも。

 で、すべてコンポジット後、むりやり補正。

200_bara002_22

 ……やりすぎた(笑。

 まぁ、最後の2枚はお遊びだが、1枚目の写真の状況を考えると、やっぱりSC-64、光害地では有効かも。技術があれば、LRGB合成とか有効だと思う。一応、オリオン座でそんなこともやって遊んだので、近いうちに公開予定。

 期待させて、期待はずれだったらごめんなさい。まだまだ開拓、勉強の余地ありですな。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へランキング参加中。はげみになりますので、クリックをお願いします。
にほんブログ村

« ゼロ戦、そしてブルーインパルス再び | Main | 久々北天ぐるぐる、流星は…… »

星雲・星団」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

Comments

Hαのばら星雲 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

これ1枚10分以上延ばせそうだよ。
となるとオートガイド必須となるけど、
諧調豊かなすごい写真撮れそうだね。

ムリにカラーにしなくてもモノクロでええんちゃう?

こんばんは、期待どおりじゃないですか!!いや、それ以上。
対象のイメージもあるかもしれないが、なんかすごい迫力感じます。
別世界に一歩踏み込んだって感じですかね。

いっこうさんのSC-64フィルター作り方の記事、もう一度読も~っと(笑)
全ては真似から入る、マネアルどおりにやってみます。

おはようございます。

最後の写真、やりすぎじゃないですよ。
この手法の可能性がはっきり見えたじゃないですか。
まるこうさんの言うように、オートガイドで1枚10分ほど露光して、コンポジットの枚数を増やせば、すごい写真が撮れますよ。
気温が低いのも効いていますね。
人間にはきついけど、冬がチャンスですね。

こりゃすごい!!
光害地の1分露出でこんなに写るとは!!

むむむ・・・SC-64欲しくなってきました。
真似していいですか?(笑)

まだまだ露出を伸ばせそうですね。
そして大量コンポジットで・・・
この試みは成功ですね。

ひゃーマイナス1℃ 体感温度はもっと低いのでしょうね。
冬もいよいよ本番ですね。

こんばんは。
いい感じで写ってますね。こちらはR1フィルターを使ってますが、いっこうさんの記事を見てSC64も試してみたくなりました。

>まるこう氏
 実は、すばるをガイド撮影したんだけど、うまくいかなかったですよ。ゴーストもすごかったし、うまくガイドできなかった。ガイド鏡問題、電源問題が勃発。気長に対策立てていきます。パソコン導入するかなぁ。
 カラーにはこだわりたいんだよね。冷却CCDとかはお金がないから無理だけど。手軽に近所で、このコンセプトだけは大事にしたいです。
*
*
>山口のじぃ様
 SC-65フィルターは安いので、気楽に使ってみるといいと思います。その分画像処理も難しくなるのが難点ですが、暗いところでのSC-65効果、見てみたいですね。フィルム状なので、どこかに挟めればOKですよ。マネアル、いいですねぇ(笑。この世界、マネアルで成り立ってます。
*
*
>やまねももんがさん
 おお、ほめられた! うれしいです。やまねももんがさんは、自分に厳しく他人にやさしいですね。私と反対です(笑。
 今後も撮影手法の一つとして、手軽に楽しみます。
 寒さにやられて風邪をひいてしまったようです(泣。
*
*
>おりおんさん
 ほんとすごいですよね。カメラの液晶モニターにドクロの姿が映ったとき、ついガッツポーズをしてしまいました(笑。
 光害地だからこそ、こんなに差がでたともいえると思います。おりおんさんも、いろんな撮影方法のひとつとして、気楽にやってみられてはいかがでしょう。
*
*
>かたくちいわしさん
 露出時間のばしたいですね。あらためてガイド撮影に真剣にとりくまなきゃ、ですね。
 めちゃくちゃ寒かったです。
 お仕事、がんばってくださいね。
*
*
>さとうさん
 さとうさんがSC-64を使って撮ったら、鬼に金棒ですね。いったいどんな写真になるんでしょう。めちゃくちゃ楽しみです。
 中部地方は雪でたいへんのようですが、晴れたらぜひチャレンジしてください!
*
*

なるほどこれは、じっくり取り組んでみてはいかがでしょうか。
手間をかけた分、結果が出そうじゃないですか!
って、エラそーに書いてますが(笑)。
そしてやっぱり、カラーでお願いします。そのお気持ち、わかります。
環境に適した撮影方法を選んで、最適な結果が得られるようになるのがいいですね。

>ミッチーさん
 明るいところでこれだけ写れば十分ですよね。そうなんですよね。いくらがんばっても、高い機材で暗いところで長時間撮影した写真には勝てないですから。
 お気楽写真撮影。これからも気楽に挑戦します。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36212/56286883

Listed below are links to weblogs that reference SC-64フィルタ-によるバラ星雲:

« ゼロ戦、そしてブルーインパルス再び | Main | 久々北天ぐるぐる、流星は…… »

My Photo
June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30