他のアカウント

Twitter

Kuri's Photo room(Flickr)

  • kuriko1211 - View my recent photos on Flickriver

日めくりカレンダー


星空指数


無料ブログはココログ

« 花園神社の桜・東京駅ミニチュア | Main | 出かけようとしたけど…… »

March 26, 2013

おとめ座

 比良の丘で撮った星座写真。おとめ座。

2013031705013/3/17 0:04 所沢市 比良の丘
ポラリエ Canon EosX3(改) SIGMA DC18-50 2.8-4.5HSM  LPS-P2フィルタ KenkoPROSOFTON-Aフィルタ
焦点距離 18mm F5.6 ISO1600 露出時間 16分(30秒×32枚) 
DeepSkyStackerでスタック photoshopCSで加工・調整


 この写真のどこに乙女が隠れているんだろう? 星座線を入れてみた。

2013031705_3

 なるほど……って、さっぱりわからんわ! 星座絵を重ねよう。

2013031705_2

 ほっほ~……って、線からこの絵、無理ありすぎ! ちなみにおとめ座を代表する1等星、『スピカ』は、ラテン語で『麦の穂』という意味。確かに麦をお持ちだ。しかし、なぜ麦?

 おとめ座のモデルは、豊饒の女神デメテルの娘、ペルセポネ。草木を愛する可憐な少女。夫はゼウスの兄、神々のナンバー3の冥界の王、ハデス。

 なぜ、彼女は、冥界の王の妻に堕ちていったのか。

 

 

 『あんな~、うちな~、ペルセポネ言うねん。花がメッチャ好きやねん。うわ~、あの水仙、きれいやわ~。摘んで帰って、おかんにみせたろ~。……えっ? なんや、急に大地が裂けていきよる!  落ちる~~~ あ~~~~ぁぁぁぁぁぁぁ……!』

 ハデスはにやりと笑いながらその様子を見ていた。『おお、冥界に落ちてきた、落ちてきた。ようやくペルセポネちゃんが手に入りよった。ず~っと目をつけてててん。わての準備した水仙にまんまとひっかかりおった。逃げ出さんように閉じ込めといたろ』

 ペルセポネの母親、デメテルは、いなくなった娘を探し回った。『なんやて? ハデスが連れ去ったやて? アホちゃう? もうやってられんわ。 うち、神殿にこもらせてもらいます!』

 豊饒の神デメテルがその役割を放棄したので、地上には大飢饉がやってきた。

 大神ゼウスは、兄に進言した。『ええかげんにしぃや、兄ちゃん。ペルセポネちゃん、帰したり~や』

 ハデスはしぶしぶ承諾した。『ごめんな、ペルセポネちゃん。おっちゃん、ほんまはそんなに悪い人ちゃうで。ペルセポネちゃんが好きやっただけやねん。ほんまごめん。これ食べて地上にお帰り』

『おっちゃん、やさしいなぁ。ありがとう』 そう言うと、ペルセポネは差し出された果物を食べた。その瞬間、ハデスの口元が、にやりとかたむいた。

『食べおったなぁ~~~。そのザクロ、冥界の食べ物やさかい、それ食べたらいずれ冥界に帰らなあかんねんで! 地上に戻っても、またこっちに逆戻りや!』

『ええで』

『!』 

『おっちゃん、ほんまはさびしいねんな。ずっとは無理やけど、1年のうち4ヶ月くらいやったらこっちに来たげるわ。おかんはカンカンやろな(笑。でもしゃーないやん、なぁ、おっちゃん』

『(T T)』

 ということで、ペルセポネがいない4ヶ月間、デメテルは神殿にこもってしまうため、その間作物は育たない。こうして冬が誕生したのだった。

 

……ひさびさのいっこう神話でした(笑。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へランキング参加中。はげみになりますので、クリックをお願いします。
にほんブログ村

« 花園神社の桜・東京駅ミニチュア | Main | 出かけようとしたけど…… »

星座の神話」カテゴリの記事

星座・星野写真」カテゴリの記事

Comments

麦、麦といえばビール。ビールといえばカラス。いや、別に意味はありません。
でも、隣にコップもありますでしょ。ちなみに、やっぱりカラス座は分かりやすいです(笑)。
ますます枚数増えて来ましたね! 安定のポラリエって感じでしょうか。
いよいよ夏の天の川がのぼってきますよ〜

関西弁だと、星座物語もすっかり地上の身近な話しみたいになって、ごっつおもろかったで~す!

おはようございます。

おとめ座は星の並びがよく分かりません。
最近はいつも近くに土星がいるので、なおさらです。

久し振りのいっこう神話、とっても面白かったですよ~。

おとめ座は人妻だったのですね。しかも策略婚とは。
私は誕生星座がおとめ座なのですよ。
生まれてからこの方、自分がおとめ座だというと、何故か「えぇ!?」とか、ヘンな目で見られるのですが、何ででしょうかね?
男のおとめ座の何処が悪の?って感じです。

待ってました、いっこう神話。
今回もめちゃおもろい~!!ほんま最高ですわぁ。
おかげで、登場人物の相関関係もわかってきました。

おもしろくてわかりやすい。もし出版されたら絶対買いますよ。
夢の印税生活をおくって下さい。


めっちゃ面白かったっす。
おとめ座の星座線見ると、風の谷のナウシカに出てきたハサミムシのようなアノマロカリスみたいな蟲を思い出すのは私だけでしょうか?(伝わってます?)

そうですよ、大阪弁のギリシャ神話出版なさるといいですよ!
私からす座の写真提供します(笑

>ミッチーさん
 この日は風は強かったですが、そんなに寒くなかったので、30秒の連写モードで撮影中は丘の周辺をいろいろ探検してました。気がついたらたくさん撮ってました(笑。もっと露出時間のばせました。暗いところでの撮影になれてないので、ついいつもの調子で撮っちゃいました(笑。
 コップ座、カラス座の神話も近日公開予定です。
*
*
>felizmundoさん
 天体観測を身近に! 神話を身近に! がコンセプトです。ほめていただいて嬉しいです。もっともっとがんばります!
*
*
>やまねももんがさん
 明るい星しか見えない光害地では、星座を構成する星すべてが見えるわけではありません。逆に、やまねももんがさんの撮影地では、星が多すぎてどれが星座を構成する星かわかりません。結局、おとめ座ってわからないんですよね(笑。
 レーザーポインタで星座を示せ、といわれても絶対できない気がします。
*
*
>温泉日和さん
 あらためて神話を調べて、初めて知ることって多いです。とりあえず、絶倫ゼウスをはじめ、神話には色恋沙汰が多いですね。
 おとめ座、というか、『おとめ』というなんだか淫靡な響きと、力強い男のイメージがあわないんでしょうね。中性的な美青年だと、『おとめ座』『やっぱり?』となるんじゃないでしょうか。きっと、温泉日和さんが男らしいんですよ(笑。
*
*
>おりおんさん
 よろこんでいただけてすごく嬉しいです。やっぱり、読み手あっての物語ですから。
 出版? いいかも(笑。とりあえず1冊はおりおんさんに売れますね(笑。
*
*
>かたくちいわしさん
 アノマロカリスみたいな蟲、ちゃんと伝わってますよ。検索しましたが(笑。
 わかりますわかります。とりあえず、乙女でないことだけは確かです。
 大阪弁ギリシャ神話、出版しますか。誰か出版社の人、見てないかな。あっ、オレか(笑。

まるこうです。
まとめてレスの後にすみません。。。m(_ _)m

星座線は私のバヤイ、見るたびにスルメに見えます。。

いっこうギリシャ神話たまらん!おもしろい~。
ハデス鬼畜過ぎワロタ

自分の出版社で出したらどうか。

>まるこう氏
 するめ座とおとめ座。差が激しすぎて爆笑。せめて生きている『ダイオウイカ座』くらいにしてあげてください。
 自分の出版社って、なんか私がオーナーみたいやん(笑。採算分岐とか、原価とか、いろいろ考えちゃって難しいなぁ。
 でも、出版するとしたら、ブログ村のメンバーで分担して星座写真を撮りましょう。おお、これで撮影代がタダで済む!(笑

4年前の記事にすみません。
乙女座の話、この他に天秤とセットになったアストレイアの話もありますね?
アストレイアが、人間の良心を信じても最後に争いばっかり繰り返す人間に「ああ、さすがに私の力でも人間には通じひんかったわぁ…ほな、私は天に帰ります。せいぜい気張っておくれやっしゃ」と帰ってしまう話です。
天の星を見てると、人間のアホさ加減に、嫌になる気もしてます。
「何で人間、争わなあかんねん、いじめや差別やしょーもない事ばっかりするんやろな?下手したら地球で一番愚かは人間ちゃうか?」最近ええオッサンになって思えてきました。

>じゅぴたーさん
 この記事を書いてからもう4年ですかぁ。
 古い記事にスポットをあてていただいて、感謝です。
 アストレイアの話、ありますねぇ。どっちにしようか悩んだんですよね。
 そのあたりは、てんびん座の神話でふれています。
http://iko.cocolog-nifty.com/iko/2014/03/post-adea.html
 おとめ座をペルセポネにしたため、てんびん座はオリジナル神話になりました(笑。
 それにしても、ジュピターさんの関西弁神話もいけてますねぇ~。末成由美で脳内再生されました(笑。

いっこうさん、僕もいちびりなもんでついつい乗ってしまいました。(汗)

末成由美さんにアストレイアのナリさせて、しげじい(辻元重雄さん)が天秤でたかおみゆきさんをバシーンどついて、最後に寛平さんとめだかさんのサルネコ対決、それを見た末成アストレイアが「まあ、何という事をぬかしてけつかるんでございますか?」
例の天に帰るセリフの後、一同コケると言うイメージが浮かびました。(むちゃくちゃやわ)

>じゅぴたーさん
よく考えたら、末成さんがおとめ座つて…… ないわー(笑。
もしかして、空の上で、奥目のはっちゃんとか、花木京とか、原哲男が新喜劇やってるかも知れない、そんな気がしてきました(笑。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36212/57039747

Listed below are links to weblogs that reference おとめ座:

« 花園神社の桜・東京駅ミニチュア | Main | 出かけようとしたけど…… »

My Photo
May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31