他のアカウント

Twitter

Kuri's Photo room(Flickr)

  • kuriko1211 - View my recent photos on Flickriver

日めくりカレンダー


星空指数


無料ブログはココログ

« 写したかったω星団 | Main | 秋葉原でお買い物 »

April 12, 2013

勝利!・比良の丘へ

 また勝った。それも完封。ナイス、メッセ。これで甲子園負けなし。今年は打って打って打ちまくって勝つチームだと思っていたが、投手陣いいじゃん。あとは新人の藤波君にはやく勝ちをつけてあげたいね。

 テレビで野球観戦後、仮眠。そして1時30分頃起きだして出発、比良の丘へ。撮影だ!

 本当は、明け方のパンスターズ彗星を撮りたかったのだが、その方角、曇っててだめだった。おまけに今日は赤道儀の設定に四苦八苦。結局R200SSで撮ったのは、ピントチェックのアルビレオだけだった。今日はうまくいかなかったな。

 しかしEos50Dでの撮影はいい感じだった。

Img_7023

 先日のリベンジ。しかし……

Img_7063

 雲が~!

 とりあえず、雲が通りすぎるようすがおもしろかったので、動画にしてみた。今回は、1枚2分撮っているので滑らかでないのが残念。

 雲が来るまでを比較明合成。

Output_comp012013/4/13 2:31~3:21 所沢市 比良の丘
Canon Eos50D   
焦点距離 11
mm F5.6 ISO200 露出時間 50分00秒(120秒×24枚/インターバル1秒) 
SiriusCompでスタック 


 よしよし、露出、構図についてはリベンジ完成。ただ、雲のおかげで撮影時間が短くなってしまった。この感じで軌跡をのばせば、所沢星空フェスティバルに応募する写真が撮れそうだ。

 がんばるばい!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へランキング参加中。はげみになりますので、クリックをお願いします。
にほんブログ村

« 写したかったω星団 | Main | 秋葉原でお買い物 »

星座・星野写真」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。

真ん中の木、とても絵になりますね。
良い感じのぐるぐる写真じゃないですか。

昨晩はかなり寒かったのでは?
私は爆睡していました。

うん!イイ感じですよ。
でも、イイ感じの場所は誰でも撮りたいので、コンテストではこのアングルの写真ばっかりになったりして(笑

動画、雲が左旋回していく様子が面白い! こんな動きをすることがあるんですね。
北天ぐるぐるにピッタシの場所確保ですか。いいですねえ。

やっぱり星はぐるぐるが一番です。
ぐるぐる見ると理科の教科書を思い出す(何十年前の話だろうw

いいねぇ。。

構図は、私なら木はセンターにするより、ちょっと横にズラすかなぁ。
でも、魚眼レンズだから、横に置くと木が斜めってしまう。
難しいところですな。

>やまねももんがさん
 寒くて少し風がありました。おかげで、レンズが結露することはありませんでした。
 やまねももんがさん、連日の遠征でおつかれでしょう、そろそろ一休みされては? と思っていました。しっかり爆睡してください。
*
*
>温泉日和さん
 ところが、星の写真を撮る人はみんな遠征にいってしまい、所沢市で星景写真を撮ろう、なんていう人は少ないので、たぶんかぶることはないと思います。応募総数も少ないし。ま、だから入選できたんですが(笑。
*
*
>悠々遊さん
 雲の動き、おもしろいですよね。こんなことなら、30秒で枚数をふやして、もっとスムーズに細かく雲の動きを記録すればよかったです。
*
*
>道端小石さん
 実際にこんな風に見えるわけではないので、結局教科書で見た景色を再現しているだけなんですけどね(笑。地球がまわっている、ということを実感できますね。中学生……もう35年くらい前のできごとなんですね(しみじみ
*
*
>まるこう氏
 そうなんですよ。木が中心、は動かせないんですよ。斜めに生えちゃうから(笑。
 木を左右の木のシルエットの中心にもってきて、北斗七星が木に隠れない程度の位置から撮るのもおもしろそう。でも、中心の方が所沢星空フェスティバルの審査員(一般の方)の受けがよさそうなんだよね。う~ん。

北斗七星、遅い時間だとこんなに見えるんですね。回転の動画面白かったで~す!でも、明るい画面に星がしっかり写りこんでいるのが不思議。真っ暗だけど、写真処理で明るくなるのですよね?初心者で、いつも変な質問ですみません。

>felizmundoさん
 今の時期、夜遅い北斗七星は、沈んでいく北斗七星です。ついこの間まで昇っていく北斗七星だったのに、季節のうつりかわりは早いですね。
 真っ暗だといいんですが、残念ながら真っ暗ではありません。遠くの街灯りなどで少しは明るいです。ですので、長時間露出すると、昼間のように明るくなってしまいます。星は長時間の露出で、さらに明るくなります。こうして、昼間のような明るさで星が輝く写真ができてしまいます。今回は画像処理の段階では何もしていません。
 とんちんかんな答えだったらごめんなさい。

いっこうさん、初心者にいつも真剣に親切にお答え下さってありがとうございます。とてもよくわかりました!レンズを開放にして光をたくさん取り込んで撮ったということですね。北極星を中心にくるくる回る星たちの姿って、本当に不思議ですね~。こんなに回って、よくみんな吹き飛ばされないで地表にしがみついていられますね(笑)きっと、大気のお蔭なんですね。

>felizmundoさん
 拙い説明でごめんなさい。
 そうですね、考えてみると、すごいスピードでまわってるんですね。自然って、すごく不思議ですね。身の回りは、単純で不思議なことに満ち溢れていますね。それを不思議だとおもう純真な心を忘れないようにしたいですね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36212/57161283

Listed below are links to weblogs that reference 勝利!・比良の丘へ:

« 写したかったω星団 | Main | 秋葉原でお買い物 »

My Photo
July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31