他のアカウント

Twitter

Kuri's Photo room(Flickr)

  • kuriko1211 - View my recent photos on Flickriver

日めくりカレンダー


星空指数


無料ブログはココログ

« おまたせしました! レジスタックス解説その1 | Main | 三脚購入・レジスタックス解説惑星編 最終回 »

June 06, 2013

マートンサヨナラホームラン! レジスタックス解説その2

 同点でむかえた9回裏。マートンのサヨナラホームランで勝利! 2試合連続サヨナラ勝ち。たまりませんなぁ。巨人戦にチャンネルをかえてみる。8回表、日ハムが勝ってる。いいぞ!これで首位だ! しばらくしてネットで結果を見る。ん? 「巨人、逆転勝ち!」 な~~~に~~~~! クールポコもびっくりだ。読売も逆転勝ちか! 順位はかわらず。2位。だから、どんだけ仲良しやねん! まぁ、交流戦勝ち越し決定、貯金10と二桁。この調子でいきましょう。

 さて、レジスタックス講座も2日目。昨日は足きりしたところで終わった。リミットをクリックすると、Optimaizeのタブが開く。ここでは、削除して残った良質なフレームから、基準となるフレーム(リファレンスフレーム)を作成する。

04

 左側、デフォルトのままでOK。左下、Createをクリック。リファレンスフレームが生成され、ウェーブレットのタブが開く。リファレンスフレームは、明暗模様をはっきりさせた方が後からおこなう位置合わせの精度があがる。そこで、ウェーブレットという処理で模様をあぶりだす。模様がはっきり見えさえすればいいので、ザラザラに粗くてもOK。

06

 左側、 Wavelet FilterはDefaultのまま、WaveletschmeもLinearのままでOK。レイヤー1、5、6のチェックマークをはずす。明暗模様が見やすくなるようにレイヤーの数値をスライダーで調整。レイヤー2>レイヤー3>レイヤー4になるように設定する。設定したら、Continueをクリック。

 次は、リファレンスフレームを基準として、各フレームを最適化し、さらに厳しい基準で質の悪いものを削除したあと、位置をあわせて加算平均していく。

07

 左側、Fast Optimizerのチェックをはずす。Optomaizeをクリックすると、別ウィンドウがあらわれ、"A new refarence was created continue? "と表示されるのでYesをクリック。

08_2

Optimaizeが終了したら、Stackタブをクリック。

09

左側。Normalisatin of frame intensityをチェックしてフレームごとのばらつきを調整。Show Stacklist、Show Stackgraphをチェック、スタックリストとスタックグラフを表示させる。Fast methodのチェックをはずす。スタック後、変な境目みたいなものが確認されたら、Use feather of  □pixelsをチェックして5~10程度の数値を設定。

 スタックグラフを操作する。縦のスライダーで大きく縦に飛び出しているフレームを削除、横のスライダーで画質の低いものを削除。この段階で、一番下に書いてある総枚数が1000枚程度になるのがベスト。そして最後にStackをクリック。粒子が非常になめらかでかなりぼけた感じの画像が出来上がる。

10


 ネット等では、これを完成画像として載せている方もいらっしゃるようだが、違う違う!。ここからがレジスタックスの本領発揮。ウェーブレット処理で模様をうかびあがらせる。さぁ、ハイライト!……続く。次回は、惑星編の最終回。お楽しみに!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へランキング参加中。はげみになりますので、クリックをお願いします。
にほんブログ村

« おまたせしました! レジスタックス解説その1 | Main | 三脚購入・レジスタックス解説惑星編 最終回 »

ソフト解説」カテゴリの記事

Comments

こんばんは、これはやはり永久保存版ですね。
アドレスをお気に入りに登録しました~
最終回もよろしくお願いします。

おはようございます。

画像処理って凄いよね。
このようなツールのお陰で、惑星は一昔前の天文台での写真を完全に超えていると思います。
さらに技があるのですね。
うう~、凄いなあ。

阪神、負けないですね。

ノウミサン、キライデス。
あの発言はなんだったのか。去年は怠慢プレーも目立ったのに…
今やすべての言動が阪神ファンに神様に見える。勝利の勢いは怖い。
西武連敗で広島にくるのか…
むむむ…

どうやら私、重要な所をすっ飛ばしていたようです(汗)
今日の講座の処理をした記憶がありません(笑)

明日の講座も気を引き締めて臨みたいと思いますっ。

うむうむ。ここまでは良くわかった。
次のWaveletの設定がキモなんだけど、全く意味がわからないんだよ。
次回、詳細な解説期待してまっせー。

>道端小石さん
 お役に立てて(あっ、まだ立ててないないですね)光栄です。
 最終日の講習を受けたら、ぜひやってみてください。
*
*
>やまねももんがさん
 いい時代になったものです。一般人が、こんなにも本格的な土星を撮影できるんですから。やまねももんがさんもぜひ! EM11には望遠鏡がしっくりきますよ(笑。
 読売も負けませんねぇ。
*
*
>広島ふぁんさん
 今年は、ノウミサン、アイシテマス、ですから。
 虎に敗れた獅子、全力で鯉に立ち向かう!って、鯉に立ち向かう獅子が想像できない~~。大丈夫。現地での応援、きっと実を結びますよ。
*
*
>おりおんさん
 それは、もしかして、レジスタックス6で処理したのかもしれませんね。6だと、この辺の処理、不要です。そのうち解説します。
 講義の最中に居眠りなどしないように(笑。
*
*
>まるこう氏
 土星や月は、自宅からでも撮れるでしょ。講義が終わって、晴れてたら、さっそく撮りなおしですね。うまく処理できたときの喜び、早く味わってほしいです。最終日もわかりやすい説明を心がけます。 

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36212/57538958

Listed below are links to weblogs that reference マートンサヨナラホームラン! レジスタックス解説その2:

« おまたせしました! レジスタックス解説その1 | Main | 三脚購入・レジスタックス解説惑星編 最終回 »

My Photo
March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31