他のアカウント

Twitter

Kuri's Photo room(Flickr)

  • kuriko1211 - View my recent photos on Flickriver

日めくりカレンダー


星空指数


無料ブログはココログ

« 久々の収穫報告・多重露出のオリオン星雲 | Main | 夕やけ »

September 08, 2013

オリオン星雲多重露出詳細

 負けた。でも、9回、代打桧山が活躍。計5点もとって、3点差まで追いついた。菅野に勝ち星がついて藤浪君の新人王が赤信号になったのは悔しいが、負けてたまるか! そんな気迫を感じる攻撃だった。最後のバッター鳥谷。空振り三振。決められなかったのはしょうがないが、もっと悔しそうにしてくれ。キャプテンなんだから!

 今日のデイリー。

Img_9441

 何度も読んで、もうボロボロ。昨日のびっけパパのコメントどおり、中面にも悲しい記事。

Img_9442

 藤本、引退。阪神との最終戦、1軍で出場してくれないかな。どうせヤクルトは6位確定だろうし。あっ、ヤクルトファンの方、失礼しました。

 昨日の多重露出によるオリオン星雲。

200_02_orion_75

 これは、露出時間の違う写真を合成したもの。最初は全部DSSにぶちこんだが、うまくいかなかった。それぞれの秒数の写真ごとにDSSでスタック、その後Photoshopでさらに調整。では、合成前のそれぞれの写真を紹介。DSSで処理後、RGBの山をそろえてPhotoshopに渡した画像。

 まずは60秒。ノータッチガイド。中心部の白とびがすごいので、こりゃだめだ、と思い、2枚しか撮影しなかった。もっと撮影しておけばよかった。

200_02_orion1

 続いて30秒。10枚をスタック。

200_02_orion2


 この2枚をそれぞれレベル補正後、不透明度50%で合成。

 10秒。10枚をスタック。

200_02_orion3

 2秒。10枚をスタック。

200_02_orion4_2

 1秒。10枚をスタック。

200_02_orion5

 10秒、2秒、1秒の3枚を不透明度33%で合成。そしてできあがった2枚を50%で合成。で、冒頭のオリオン星雲のできあがり。かんたんでしょ?

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へランキング参加中。はげみになりますので、クリックをお願いします。
にほんブログ村

« 久々の収穫報告・多重露出のオリオン星雲 | Main | 夕やけ »

ソフト解説」カテゴリの記事

星雲・星団」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。

スポーツ新聞って、野球シーズン以外はどうやって食い繋いでいるの?

1秒でも結構写るのですね。
楽しそうだなあ。

 最近は、あっちへ行って、フムフム。そっちへ行って、フムフムと、自分の撮影パターンが定まらずスランプ状態。そこへまた、こちらへ来てフムフム(笑)
 面倒なオートガイダーなしでテトラポット?いやペドロ&カプリシャス?いや、そんなことはどうでもよろしい。中心部がこんなに写るなんて。こりゃぁ撮影パターン確立の前にやっぱり画像処理のお勉強しなくちゃならないなぁ。

う~ん、1秒、2秒、10秒の超短時間露出ってかなり効果あるんですねぇ。
1秒2秒って撮ったことないです。
で、フォトショップで不透明度を変えつつ合成ですか。
勉強になりました。
ぜひやってみたいと思います(*^_^*)

なるほど、多段階露出画像の合成はそういう風にやるんですね。
今まで全部一緒にぶち込んで加算合成し、あんまし意味無いなと勘違いしてました。
大変勉強になりました。

時代の流れとは言っても往年の名選手の引退ってやっぱり寂しいですね。
また若い世代が新たな伝説を作ってくれるのを楽しみにするしかないですね。

で、M42。正直凄いです。
1秒2秒とか考えもしなかったですよ。 トラペジウムまではっきり。
これは今年の秋はこのやりかたをマネさせていただきます。

>やまねももんがさん
 それって、『曇りの日が続いているとき、天体ブログの人は何をネタにしているの?』ってことでしょうか(笑。
 天体ブログの方は、物理学講座だったり、菜園だったり、料理だったりしますが(笑、スポーツシーズンは、オフシーズンも、いわゆるストーブリーグのネタで盛り上がってます。野球だけじゃなく、ウィンタースポーツも競馬もありますよ。
 多段露出、星景では役にたちませんかねぇ。
*
*
>山口のじぃさま
 いやいや、暗い空が手に入らない大都会所沢市で、どうやって撮るか、をテーマにした結果の『画像処理でなんとかしちゃえ』ですよ(笑。やっぱり、基本は、やまねももんが師匠がいつもおっしゃっている、『たっぷり露出、あっさり処理』じゃないでしょうか。あっちいったり、こっちいったり、試行錯誤を楽しみましょうよ。
*
*
>おりおんさん
 2秒と1秒、両方撮ったのはちょっと予定外で、2秒で10枚撮った後、まだつぶれてるかも、と思い、1秒で撮ってみたらいい感じだった、というところです(笑。長時間露出の周辺部分は、合成でどんどん薄くなっていくので、もっともっと露出をかけたほうがいいですね。もう少し高度が高くなったら、わたしもオートガイドで飽和ぎりぎりまでチャレンジしてみます。
*
*
>悠々遊さん
 私も、どうせ加算平均で合成していくので全部ぶちこめばいいとおもっていたのですが、やってみたら白いところが飛んだままなんですよね。微調整できないですし。結局、少し手間はかかりましたが、手動で合成しました。
*
*
>かたくちいわしさん
 そうですね。幸いにも、藤浪君とか遼馬君とか、生きのいいのも育ってきましたし、これからは指導者として球界を盛り上げて欲しいですね。
 M42。みんなが撮影する対象だけに、ちょっとがんばっちゃいました。でも、やり方を公開したので、みんな、暗いところでもっとすごいやつを撮るんだろうな、と思うとなんか悔しいです(笑。負けないぞ(笑。

いやはや、素晴らしい。
テクの公開にも感謝します。
素材を仕入れたら早速マネさせていただきます。

>ゴージンさん
 オリオン星雲は光害地でも比較的よくうつるので、この方法、効果的だと思います。テクニックというほどのテクニックではないので(笑、喜んで公開させていただきました。もっと気合入れて撮って、来年の応募作品にしようかな(笑。

中心部が崩壊してないのは1,2,10秒があるからこそですかね。
この方法ってアンドロメダとかでも結構有効かもしれないですね。
こんど真似させていただきまーす。

1秒でこういう感じに写るんですね。「写るんです」。なつかしい。
加算平均のひねりワザですね。ブレンドの割合を調整したりできていいかも。
そのうちこういうことも「全部ぶちこんでいっちょあがり!」っていう時代が来そう!
その前に、応募作品ゲットしてくださいね!

>道端小石さん
 たしかにアンドロメダにも使えますね。球状星団なんかにも効果がありそうです。いろいろ試してみてください。
 わたしもいろいろチャレンジしてみます。
*
*
>ミッチーさん
 ガイド鏡を使った長時間露出の真逆をいく超短時間露出です(笑。
 ブレンド、っていう感覚、ぴったりです。こういうのって、カメラのオートを使わないのと同じで、自分好みに調整するのが楽しかったりするので、自動でできてもマニュアルでやりそうですね。

ノータッチでもここまでできると、まざまざと証明しましたね。
ノータッチの中年の星。中年ノータッチヒーロー。かっこええ。。

物干し竿の藤本ってまだ野球やってたのか!!

>まるこう氏
 ノータッチ、ノータッチって(笑。クリーンビューのタイヤ艶出しクリーナーか(笑。
 中年、中年いうな、っちゅうねん(笑。

 それは藤村。初代ミスタータイガース。1992年に亡くなってます。合唱。わ~~~

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36212/58155300

Listed below are links to weblogs that reference オリオン星雲多重露出詳細:

« 久々の収穫報告・多重露出のオリオン星雲 | Main | 夕やけ »

My Photo
March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31