他のアカウント

Twitter

Kuri's Photo room(Flickr)

  • kuriko1211 - View my recent photos on Flickriver

日めくりカレンダー


星空指数


無料ブログはココログ

« ベランダのイチゴの近況 | Main | 撮影に突撃も…… »

January 17, 2015

お待たせしました、。光害カットフィルター比較

 昨年、光害カットフィルターの比較撮影を行った。満を持していよいよ発表。



 今回比較するのは、



・IDAS LPS-P2
・サイトロン LPR-N
・アストロノミック CLS-CCD
・アストロノミック Hα-CCD 12mm



の4つ。鏡筒はED80Sf+専用レデューサ(焦点距離510mm・F6.4)、SXW赤道儀でノータッチガイド。カメラはEOSKissX3とEOSKissX5。両方ともスターショップの改造カメラ。カメラについている赤外線カットのフィルターを取り外し、星雲の赤い領域を通す同じ厚さのフィルターに交換したいわゆる新改造カメラ。この改造で、赤い星雲がよく写るようになっている。



 本当はすべて同じカメラで撮影したかったが、できなかった。LPS-P2はX3にMFAというアダプターで取り付けられていて、簡単にははずせないからだ。



Img_3572

 その他は、すべて同じ形状で、とりはずしができる。改造X5にとりつけたLPR-N。



Img_3507



 まるこう氏からの借りたCLS-CCD。



Img_3573

 同じくまるこう氏からの借り物のHα-CCD。



Img_3508

 これらのカメラで実験。場所はご存知、比良の丘。光害はばっちり(笑。撮影対象は、特に光害のひどい南側のご存知・バラ星雲。写り具合の比較なので、星が流れているとか、途中で架台を蹴飛ばしたとか、そういうことはいっさい気にしないで欲しい。それと、実験結果は私的なものなので、結果についての責任は持ちません。気軽な感じでご覧ください。すべてISO3200、ホワイトバランスはオートで撮影。



 まずはLPS-P2。(EosKIssX3改、露出時間60秒)



Img_9953 



 うっすらわかる。いつもこれをこねくりまわして仕上げていた。



 続いてLPR-N。(EosKIssX5改、露出時間60秒)



Img_0000_2

 おや? LPS-P2よりも写っていない?



 そしてCLS-CCD@まるこう氏ありがとう。(EosKIssX5改、露出時間60秒)



Img_0001_2

 おやおや? 露出不足でRGBの山がずいぶん左にきている。なんどか撮りなおして、LPR-Nと同じくらいにした。
 ということで、改めてCLS-CCD@まるこう氏ありがとう。(EosKIssX5改、露出時間150秒)



Img_0004

 なんと、CLS-CCDはLPR-Nの2.5倍の露出時間が必要、という結果に! そして、なんかよく写っている気がする!。



 最後はHα-CCD@まるこう氏ありがとう。(EosKIssX5改、露出時間300秒)



Img_0007

 長時間露光が必要なのがわかっていたので、最初から300秒で撮影。さすがにノータッチ300秒は厳しかった。それにしてもよく写っている。



 ちょっと比較としてよくわからなかったので、Rチャンネルのみとりだして並べてみた。



0

 必然的に露出時間は長くなったが、Hα-CCDは別格。その他の3枚をHα-CCDに明るさを揃え、全体にレベル補正をかけてみた。



1

 LPS-P2とLPR-Nはほとんど差がない。CLS-CCDの方がよく写っている。そしてモノクロにするならHα-CCDがダントツだ。



 ただ、CLS-CCDはより多くの露出時間を必要とする。Hα-CCDはさらに多くの露出時間を必要とする。ノータッチだと難しい。そしてHα-CCDの真っ赤な画像から通常のカラー画像を作り出すのは難しい。



  私なりの結論。光害地では、明るい鏡筒で、CLS-CCDを使うのがよろしいのではないでしょうか。



 ……まぁ、大体予想通りの結果。一番の収穫は、CLS-CCDはLPS-P2の2.5倍の露出時間が必要、ということかな(笑。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へランキング参加中。はげみになりますので、クリックをお願いします。
にほんブログ村





« ベランダのイチゴの近況 | Main | 撮影に突撃も…… »

機材」カテゴリの記事

Comments

ありがとうございます。大変参考になります。お疲れ様でした。
結論。ノータッチ45秒リミットの裏庭撮影の条件では、現在所有のLPS-P2またはLPR-Nがベターな選択でした。
これで目指すべき方向が定まりました。高画質を高望みせず、短秒時撮影で数を稼ごう。下手な鉄砲も数打ちゃ当たる・・・はず(笑)。

こんばんは。
大変参考になりました。感謝(*´ω`人)
CLS-CCD使いの私としては、納得の結論ですね^^
しかし、Hα-CCDってマニアックなフィルターだなぁ。

うーむ。なるほど。
超光害地で赤い対象ならやっぱりCLS-CCDがいいねぇ。
対象がよく分離できてる。

LPR-NのようなCLS-CCDの廉価版売り出してくれないかなぁ。。。
>サイトロンさん

いはよう御座います。
大変参考になりました、「CLS-CCDの方がよく写っている。」いい言葉ですね
丁度私の星仲間さんから頂いたフィルターです。これで綺麗な画像撮れなければ頂いた方に失礼ですね、頑張ります。

こんにちは
誰もが知りたいフィルタ比較、参考になります。
随分個体差ありますが露光時間で左右されるんですね。
撮影スタイルで複数のフィルターを使い分け出来ればいいのですが
LPRーNしか持っていないので(笑い
次回の選択で参考にさせて頂きます。
手間のかかる検証お疲れ様でした。

こんにちは。

今はフィルターを使わないで頑張っているのですが、そろそろまた使ってみようかなあなんて思っています。
Hαフィルターのコントラストの高い画像は凄いですね。
これはモノクロ画像にするか、他のフィルターで撮った画像のRチャネルと入れ替えるみたいな使い方をするのでしょうね。

こんにちは
実験ありがとうございます。
フィルターの特性が分からないと良い撮影もできませんね。
CLSはいっこうさんが言うように、効能は良いのですが扱いも難しいです。
ゆえに、スカイパトのノータッチを諦め、GPD2でも諦め、最後はカメラ
改造に走りました。私は蓼科で7~10分は欲しいという感想です。
使えいこなせば強力な兵器になると思いますので、頑張って下さいね。
って、まるこうさんに返却するのかな?
ポチビ~~ム!(笑

Hαの「使えるヤツ」感がすごいですね。
これ1個だけだと苦しいけど、他のと組み合わせて複数台運用がよさそうですね。
僕なんかLPS-P2しか知らなくて、こういうの苦手なんですけど、
こうやって並べて見せてくれると分かりやすいがや!

>悠々遊さん
 光害地で一番効果がありそうなCLS-CCDは、長時間の露出が必要ですから、ノータッチだと厳しいですね。LPS-P2が正解ですね。
 悠々遊さんの撃つ弾は、ヘタではなく、いつも狙いばっちし、じゃないですか。それを数撃つんですから、光害地で安心していた撮影対象もうかうかしてられませんね(笑。
*
*
>ヤマボウシさん
 ヤマボウシさんはCLS-CCDですよね。 参考にしていただいてうれしいです。
 Hα-CCD、なんだかすごいですね。これを使いこなしている方、かなりのマニアですね(笑。
*
*
>まるこう氏
 今回は、本実験にご協力いただき、ありがとうございます。
 CLS、確かにいいね。欲しくなってきた。LPR-Nを売って買い換えようかなぁ。
 去年のLPR-Nのように、CP+のバーゲンで出してくれないかなぁ。
*
*
>夕焼け熊五郎さん
 人とのつながり、大事ですよね。この実験も、まるこう氏が全面協力してくれてできました。せっかくのCLS-CCD、たっぷり露光して素晴らしい写真を撮ってくださいね。
*
*
>テナーさん
 基本は、持っているフィルターの特性を理解して、有効に使う、ということですよね。
 明るい比良の丘を主戦場にしている私にとって、今回の実験は自分のためでもあり、すごく楽しかったです。
*
*
>やまねももんがさん
 そうなんですよね。光害カットフィルターの必要のないところで撮影する、というのが一番なんですよね。
 そういうところで撮影されているおりおんさんや山口のじぃさまがお使いのHEUIB-II フィルターもすごく気になります。
 やまねももんがさん、ぜひ試してみてください(笑。
*
*
>温泉日和さん
 実は今回の実験の直接のきっかけは、謎のCLS使いさんという方が、「CLSならもうちょっとイケそうな気がしますが」というコメントをくれたことなんです(笑。
 きっかけを作ってくださった方に感謝します(笑。
 CLS、使いこなせばすごい戦力になりそうですね。もしCP+で売ってたらたぶんポチします(笑。
*
*
>ミッチーさん
 Hα、「なんでこいつらと比べられてんねん!」って激怒しそうです(笑。あきらかに次元が違います。L-RGBのLにするとか、R画像を入れ替えるとか、LabのL画像にするとか、使い道はたくさんありそうです。
 フィルター、けっこういい値段しますからね。どれか持ってればいいんじゃないですか(笑。

こんばんは。
フィルター比較、大変参考になります!

アストロノミックCLSとLPS-D1を持っていますが、CLSは星が赤く出てしまうのでCLS-CCD気になってました(^^;

フィルタ、結構高価なのでどう映るのかすごく気にりますよね。

>カニさん
フィルター比較、参考になりましたでしょうか。
それぞれのフィルターに特徴があって、実験してて面白かったですよ。
こういう実験、フィルターメーカーにとってもマイナスにはならないとおもうので
天ガとか星ナビでぜひやってほしいですね。
本当にやられちゃったら、私の実験のいいかげんさが露呈してしまうので、少し
悲しいですが(笑。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36212/60989421

Listed below are links to weblogs that reference お待たせしました、。光害カットフィルター比較:

« ベランダのイチゴの近況 | Main | 撮影に突撃も…… »

My Photo
May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31